お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家男女の本音 カップル

彼氏がキュンとする「かわいい甘え方」と「甘えられない女性の心理」とは?

織田隼人

本当は彼氏に甘えたいのに、「素直に甘えられない……」と悩みを抱える女性は意外と多いですよね。恥ずかしい気持ちがあったり、そもそも甘え方がわからない人もいるのではないでしょうか。この記事では、甘えられない女性の割合や甘え上手な女性が好きな男性の割合、男性がキュンとする甘え方を紹介します。istock-473791868

■彼氏に甘えられない女性は多い!

彼氏に甘えたくても、なかなか甘えられない女性も多いもの。そこで女性のアンケート結果から、彼氏に甘えられない女性の割合を紹介していきます。また、彼氏に甘えられない女性の特徴と心理について、専門家が解説します。

・彼氏に甘えられない女性の割合って?

実際に彼氏に甘えられない女性は、どれくらいいるのでしょうか。女性にアンケート調査をしてみました。

Q.彼氏に甘えるのは苦手ですか?

image001

・得意(39.3%)
・苦手(59.8%)
(※2)有効回答数112。
※四捨五入の関係で、ちょうど100%にならないことがあります。

およそ4割の女性は、彼氏に甘えるのが苦手だと感じているようです。本当は甘えたくても、なかなか甘えられないこともあるのではないでしょうか。

・彼氏に甘えられない女性の特徴&心理って?

彼氏に甘えられない女性の特徴と心理とは? 心理コーディネーター・織田隼人さんに解説してもらいました。

(1)プライドが高く弱みを見せられない

強く生きよう・人に頼らず生きていこう、と自分を奮い立たせて生きてきた女性は、なかなか甘えられないことが多いです。というのも、人に弱みを見せることに慣れていないからです。人に弱みを見せて、助けてもらうということに慣れていないと、甘えることも苦手になってしまいます。甘えるという行為は誰かの庇護の元に入ることです。誰かの庇護に入ることは、自分の力で生きていくことと正反対。なので、甘えることで、自分の自尊心を失いそうになってしまい、なかなか甘えることができなくなってしまいます。

(2)恥ずかしがり屋で自分のキャラではないと思ってしまう

甘えようとしても照れてしまったり、甘える自分を考えるだけで恥ずかしくなってしまう人も、甘えることに対して苦手なことが多いです。これらは、「よく反省する人」にありがちです。毎晩、1日の自分を振り返って「あれはだめだった」「これはこうしておけばよかった」と枕に顔を埋めながらジタバタする人は、甘えることも「恥ずかしい」と考えてしまうことが多いです。このような人は、自分に意識を向けすぎていて、自分のキャラではないことをやろうとすると、その姿を想像して恥ずかしくなってしまうので、甘えられない傾向にあります。

(3)彼が迷惑なのではないかと遠慮してしまう

甘えることは、男性に行動を起こしてもらうことです。そのため、彼にとって迷惑なのではないかと遠慮をして、甘えられないケースが多いです。男性は、女性のために行動すると「いいことをした、俺はいい男だ」という思考になるので、多少甘えるくらいがオススメです。しかし、彼に遠慮してしまうタイプの女性は、「ちょっとでも迷惑なら遠慮する」という考え方なので、たとえば、彼がスマートフォンを見ているときに、割り込むことができず、結局甘えるタイミングを失ってしまうようなことが多いです。

(4)甘えるより尽くしてしまう

彼に尽くしていないと不安になってしまう人も、甘えることが苦手です。「愛されるため」に「彼に尽くす」という方程式を自分の中に持っているので、「尽くす」ことが正解であると考えます。そのため、甘えることは彼に行動してもらうことなので、「マイナスな行為」と考えてしまうようです。実際は、彼に行動をしてもらったほうがいい関係を築けるので、尽くすだけではなく、甘えて彼にも尽くしてもらう関係が理想です。しかし、なかなか自分の中にある「彼のために行動したほうが愛される」という方程式を崩せず、甘えられない女性が多いです。

お役立ち情報[PR]