お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼氏がキュンとする「かわいい甘え方」と「甘えられない女性の心理」とは?

織田隼人(心理コーディネーター)

彼氏がキュンとする「かわいい甘え方」

ここでは男性が考える、かわいい甘え方とイラッとする甘え方について、紹介していきます。

istock-459161119

・男性のココロをつかむ甘え方とは?

男性の気持ちを惹きつけるには、どのような甘え方が効果的なのでしょう。男性たちに、かわいいと思う女性の甘え方について、具体的なセリフや行動を教えてもらいました。

(1)くっついてくる

・「くっついてきて何かお願いをしてくる」(29歳/建設・土木/技術職)

・「くっついてくる。上手に甘える」(33歳/機械・精密機器/その他)

(2)スキンシップが多い

・「スキンシップが上手で会話がやさしい」(38歳/商社・卸/営業職)

・「スキンシップが多く、ベタベタしてくる」(33歳/その他/その他)

(3)「ねぇねぇ」と言う

・「ねえねえと言って、どうでもよいようなことをネタにくっついてくるのがいい」(38歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ねぇねぇ。って言いながら見つめる仕草」(27歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

(4)笑顔を見せる

・「にこっと微笑みながら、上目づかいされるとかわいい」(37歳/機械・精密機器/技術職)

・「にこにこしながら、何かをお願いしてくること」(30歳/情報・IT/営業職)

(5)たまに甘えてくる

・「普段はそうでもないのにたまに甘えてくる」(38歳/建設・土木/その他)

・「普段しっかりしているのに、『え? ここ?』みたいなところで頼りなくて頼られる感じ」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

(6)上目づかい

・「上目づかいでお願いされると何でもしちゃう」(35歳/機械・精密機器/営業職)

・「上目づかいでお願いされたらかわいい」(37歳/医薬品・化粧品/その他)

女性をかわいいと思う甘え方は、いろいろあるようです。女性にとっては、実践するのが恥ずかしいと思う甘え方でも、男性にとってはうれしいと感じることも多いのかもしれませんね。

・逆効果! 男性がイラッとする甘え方とは?

逆に、男性がイラッとする女性の甘え方とは、どんなものなのでしょう。男性の本音を探ってみました。

(1)しつこい

・「しつこく言い寄られるとかなり疲れてしまいます」(39歳/情報・IT/技術職)

・「しつこい感じや狙ったようなもの」(31歳/ソフトウェア/クリエイティブ職)

(2)ぶりっ子

・「ぶりっ子が丸わかりの甘え方はイラっとする」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「ぶりっ子すぎるのは苦手。顔のまわりに手があるとか」(28歳/機械・精密機器/技術職)

(3)ベタベタしてくる

・「ボディタッチしながらいろいろ言ってくるのはいやだ」(38歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「やたらとベタベタしてこられると嫌になる」(39歳/医療・福祉/営業職)

(4)ワガママ

・「ワガママ、自分の希望を相手の気持ちを考えずに一方的に伝える」(36歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「ワガママなことばかり言う。反対のことばかり言う」(37歳/不動産/経営・コンサルタント系)

(5)わざとらしい

・「わざとらしいボディタッチが大嫌いです。声のトーンで甘えている、とわかるような話し方も嫌いです」(35歳/建設・土木/技術職)

・「わざとらしく”頼りにしてるから。”などと言われると、イラッとしてしまいますね。上目遣いだと余計にイラッとしてしまいます」(38歳/その他/その他)

(6)甘え口調になる

・「言葉が甘えた赤ちゃん言葉っぽくなると途端にイラっとする」(39歳/その他/経営・コンサルタント系)

・「語尾が上がる、そもそも好みでもないこの甘えかた、年齢にふさわしくない甘えが腹立つ」(30歳/その他/その他)

女性の甘え方次第では、男性がイライラしてしまうこともあるようです。下心のある甘え方だと、男性もすぐに見破ってしまうのではないでしょうか。

次ページ:まとめ

SHARE