お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「理想の旦那」を手に入れる方法~見極める方法&育て方~

にらさわあきこ(文筆家、美容研究家)

理想の旦那を手に入れる方法

istock-526246633

ここまで女性が思う「理想の旦那」像について特徴や言動を見てきましたが、実際にそんな男性と結婚するにはどうしたらいいのでしょうか? 恋愛・婚活研究所主宰のにらさわあきこ先生に、将来「理想の旦那」になる男性を見極めるポイント聞いてみました。

●独身女性編~将来「理想の旦那」になる男性を見極めるポイント~

istock-504536540

にらさわ先生:
理想の旦那像って、必ずしも「女性の好きなタイプ」ではないので、この見極めって難しいですよ。たいていの女性が、「好きになれる人と結婚したい」と考えていますが、女性の好きなタイプって、必ずしも旦那様向きではないですから。たとえば女性は「仕事のできるリーダーシップのある」男性を好きになりがちですが、そういうタイプは得てして仕事人間で、「家の相談」ができなかったりします。逆に、そこまでアグレッシブでない男性は家庭的かもしれませんが、女性の恋愛対象外だったり。つまり、理想の旦那様って、結婚前に探すと「いない」というのが正解になるでしょう(笑)。ただし、これを知っておくのはとても大事で、いないからには「作ればいい」。女性が自分の好きな男性を「理想の人になってもらえるはず」と信じて行動するようにすれば、彼はきっと応えてくれます。なので男性選びで一番大事なのは、自分が結婚生活をイメージした時に、(映像として)彼がそこに「しっくりはまる」相手かどうかということになるのかもしれません。

●既婚女性編~旦那を理想の旦那を育てるコツ~

istock-532397905

「理想の旦那」は探すのではなく、自分で作るものだと話すにらさわ先生。では実際にその方法を教えてもらいました。

にらさわ先生:
大事なのは、「男性は驚くほどに女性の気持ちを分かってない」と知っておくことです。「こうだったらこうするよね」という場合の「こう」が、男女では一緒ではないのです。だから口にしないで期待だけすると、たいていがっかりすることになる。そこで、女性から希望を指し示して、「行ってもらうと嬉しい」と具体的に伝えるのが大事です。たとえば「もっと私を思いやって」などというのはあいまいすぎて、伝わりません。「思いやってるのになんだよ」と、喧嘩の火種になるようなもの。もっと具体的に、たとえば「ごみを出してくれると嬉しいな」などとしてほしいことを口にする。旦那様に「してほしいリスト」を作ると膨大になると思いますが、その一つ一つをきちんと言わなければ男性には伝わらないのです。しかし、言えばやってくれるのが彼らのいいところでもあるので、彼を信頼して面倒くさがらずにお願いをしてみましょう。そして、やってもらえたなら、「わあ、ありがとう。嬉しい」と必ずお礼を言う。このようなことを続けると今度は、「なんで私ばっかり」とか、「彼が子供過ぎる」とがっかりしてくるので、時々、彼のかっこいいところ、たとえば仕事をしている姿とか、スポーツで活躍している姿をわざわざ見に行って、「やっぱり素敵」「好き」とキュンとするのを欠かさないのも大事です。

次ページ:まとめ

SHARE