お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【専門家監修】好意の返報性が成り立つ条件

織田隼人(心理コーディネーター)

(4)好意の返報性が成功したエピソード

05

好意の返報性について理解できたことろで、実際に好意の返報性が成立したエピソードについて、男女のみなさんに聞いてみました。

Q.好意の返報性が成立したエピソードを教えてください

①優しくしたら相手も優しくしてくれた

・「優しくしたら優しくしてくれたからそれが好意かも」(男性/32歳/情報・IT/技術職)

・「自分が優しくしたらいつも優しくしてくれること」(男性/30歳/その他/その他)

・「相手に優しくしたら、倍にして返してくれた」(女性/37歳/学校・教育関連/営業職)

・「相手に優しく接すると、相手も優しく接してくれる」(女性/38歳/その他/その他)

人は誰かに優しくされると、その相手にも優しく接したいと思うことがあるようです。好意を持っている相手に優しく接することで、相手からも同じように返してもらえることがあるようですね。

②告白したら相手も好きだと言ってくれた

・「好きな人にアピールしてたら、少ししてから相手に告白されたとき」(女性/26歳/その他/その他)

・「相手に告白されて断ったが、そのあとどんどん気になって、好きになった」(女性/22歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「告白をしたときの返事が、『自分もそう思っていた』だった」(男性/37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「相手に好きだと告白したら、自分もずっと好意を持っていたと言われた」(男性/33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

 

やみくもに告白したからといって、OKをもらえるというわけではありませんが、気持ちを伝えなければ相手も自分を好きだとは言わなかった可能性もありますよね。このようなケースは比較的わかりやすい好意の返報性だと言えるかもしれません。

③積極的に話しかけたら盛り上がった

・「自分が積極的に話しかけたら相手も話しかけてくれた」(男性/23歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「話せることがうれしくて思わず笑顔になってしまっていたら、向こうも笑顔で話してくれるようになった」(男性/34歳/その他/その他)

・「今まで話したことがなかったのに、こちらから話しかけてみたら、次からいろいろ話しかけてくれるようになった」(女性/39歳/小売店/販売職・サービス系)

・「話しかけたら次からは相手から話しかけてくれるようになった」(女性/33歳/その他/その他)

ぎこちなく話しかけられるよりも積極的に楽しそうに話しかけた方が、相手も快く対応してくれることが多いようです。その結果、相手も話しやすくなり会話が盛り上がったのではないでしょうか。

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答件数402件(22歳~39歳男女)

恋愛においても、状況次第で好意の返報性が成立することがあるようです。あまり押しつけがましくなってしまうと相手が引いてしまうので、優しくしたり笑顔で話しかけたりして、相手の気持ちを考えながら接することが大切なようですね。

次ページ:(5)まとめ

SHARE