お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

引きずる期間は男女でちがう!? 辛い失恋から立ち直る方法

小日向るり子

辛い失恋から少しでも早く立ち直るための方法

辛い別れのあとは、何もやる気が起きなくなる、食欲がなくなる、眠れなくなる、お酒を飲みすぎてしまうなど、日常生活がうまくまわらなくなり、苦しい思いをすることもあると思います。もちろん一番効果があるのは「時間 」ですが、今回はそれ以外にこの苦しい状況から立ち直る方法を何点か紹介したいと思います。恋人と別れた場合、片思いでうまくいかなかった場合、あなたの失恋パターンにあわせてチェックしてみてください。

恋人との別れから立ち直るには?

視覚情報と嗅覚情報をシャットアウトする

人間の五感のうち、視覚と嗅覚は過去の記憶と密接に結びついていますので、この2つの情報は手元から離しましょう。元カレの写真はもちろん、元カレのSNSを見ること、匂いのついた洋服などは、思い切って処分することをオススメします。

新しい恋を探す

前述のアンケート結果の部分でも少し解説しましたが、男性の恋愛は別フォルダ保存。新しい恋がはじまっても過去の恋は心に別フォルダを作って保存しておくことが多いです。それに対し、女性は新しい恋がはじまると過去の恋の上に上書きしていきます。したがって、女性の場合は新しい恋をすることが特効薬に。出会いの場には積極的に参加してみましょう。

感情を吐き出す

友人に聞いてもらったり、カウンセラーなどの専門家に相談したり、とにかく感情は自分の内側にため込まずに吐き出すことが大切です。そのほか、この恋愛で「よかったこと」「悪かったこと」を紙に書き、吐き出してスッキリしたらその紙を丸めてゴミ箱に捨てるという行動もオススメです。辛い気持ちはひとりで考えていると必ずネガティブな方向に進みます。ひとりで折り合いをつけようとしないほうがよいのです。

フェードアウトで終わった恋愛にはケリをつける

会う頻度や連絡が少しずつ減り、なんとなく終わってしまった、というフェードアウト型の失恋は、思い切ってケリをつけましょう。実際に会わずにメールやLINEなどでもかまいませんが、必ず「さようなら」をハッキリと伝えることが大切です。

片思いの失恋から立ち直るには?

相手を視覚に入れない

これは付き合っていた場合でも片思いの場合でも、失恋に共通していえることです。片思いの恋だった場合は、相手の洋服など嗅覚から入る情報は持っていないはず。リアルでも写真でも相手の容姿を「見ない」ことがポイントです。実際、片思いの相手が社内にいてどうしても忘れられなかった女性が、思い切って転職をしたら予想よりかなり早く吹っ切れた、というエピソードはカウンセリングの臨床経験としてもあります。

新しい出会いに積極的に参加する

臨床の現場では、片思いの失恋からなかなか立ち直れない女性は、恋人と別れた失恋パターンの女性よりも新しい出会いに消極的な傾向が見られます。一瞬でも両想いになれることなく終わってしまったということが自己肯定感を著しく下げてしまっているためです。でも、それは大勢いる男性のあるひとりと相性が合わなかっただけ。男性はその人だけではないと割り切って考えていきましょう。

現実を直視する

これは多少荒療治ですが、相手が既婚者だったり彼女がいたりして失恋せざるを得ないケースに有効な対処法。あえて相手のSNSなどをチェックし、家族や彼女と幸せそうな様子の写真、文章を見ることも有効です。そのときは非常に苦しいですが、現実を自分自身に突きつけることで憑き物が落ちたように吹っ切れることがあります。

次ページ:失恋に効く曲や映画って?

お役立ち情報[PR]