お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

「国際結婚」がしたい! 出会い&結婚までのきっかけ

ファナティック

「国際結婚」とは、国籍の違う男女が結婚することです。そんな「国際結婚」も珍しくなくなった昨今――。「私も国際結婚したいな~」とひそかにあこがれている女性もいるのではないでしょうか。今回はそんな女性に向けに、「国際結婚までの出会いやきっかけ」について、実際に国際結婚した女性たちの経験を紹介します。

■国際結婚したい! 出会いのきっかけは?

istock-502003875

まず気になるのは、「国際結婚」した女性たちは、どこでパートナーと出会っているのか、ではないでしょうか。国際結婚と言えば、なんとなく旅先や留学先で……といったイメージがありますが、実際、国内と国外では、どちらで出会う人が多いのでしょうか。

Q.パートナーと出会ったのは国内ですか、国外ですか?

%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%81%a8%e5%87%ba%e4%bc%9a%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%af%e5%9b%bd%e5%86%85%e3%81%a7%e3%81%99

(※1)有効回答数134件

なんと6割を超える人が「国内」で出会ったと回答しました。それだけ「国内」における出会いのチャンスが増えているということでしょうか。国際結婚にあこがれてるけど、海外に行くのはちょっと……なんて思ってる人には、うれしい結果となりましたね。

●職場で? 紹介で? 出会いのきっかけランキング!

過半数の人が国内で出会っていることが分かりましたが、街中をただ歩いていて外国人の男性と恋に発展するかといえば、そうではありませんよね。どういう場所や経緯で出会うことができるのかも知りたいところです。続いて、具体的にパートナーと出会った場所やそのときのエピソードについて教えてもらいました。(※1)有効回答数134件

Q.パートナーと出会ったきっかけを以下よりお選びください。

%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%81%a8%e5%87%ba%e4%bc%9a%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%81%8d%e3%81%a3%e3%81%8b%e3%81%91%e3%82%92%e4%bb%a5%e4%b8%8b%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%8a%e9%81%b8%e3%81%b3

1位「職場で」

・「一緒に、しばらくの間、仕事をしていて、それで仲良くなり、結婚することになりました」(40歳以上/その他/事務系専門職)

・「職場の国際部門の上司で、カッコいいし、いろいろ知っていてあこがれの存在でした」(40歳以上/学校・教育関連/経営・コンサルタント系)

・「勤務していた店のお客さんだった。何度か接客しているうちに連絡先交換した」(40歳以上/その他/その他)

職場の同僚であったり、お客さんだったりと出会いのきっかけはどうやら日本人同士の職場での出会いと変わりがないよう。また日本語を教えたり、逆に相手の母国語を教えてもらうことで距離が縮まるということもあるようです。

2位「紹介で」

・「友人の会社の人の飲み会に誘われて出会って、後日友人を通して連絡が来た」(39歳/警備・メンテナンス/秘書・アシスタント職)

・「こちらから気になっていて、紹介してもらった」(27歳/その他/その他)

・「友人の紹介で知り合い、息が合うので連絡先を交換した」(32歳/医療・福祉/専門職)

職場についで多かったのが「友人の紹介」でした。こちらも日本人カップル同様、出会いのきっかけとして多いようです。最初はあまり会話をしていなかったり、意識をしていなかったけれど、相手から猛アプローチをされたというケースも珍しくはないようです。

3位「留学先で」

・「ホームステイ先の親せきで、居候をしていた」(38歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ホームステイ先で知り合った。親切に現地の生活をサポートしてくれた」(32歳/その他/その他)

・「留学先の学校で、教師と生徒として知り合った」(40歳以上/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

留学先のクラスメートと、という話はよく耳にしますが、なんと教師と生徒という関係だったというエピソードも。また逆にパートナーの方が日本に留学をしており、同じ大学で一緒に講義を受けていたという場合もあるようです。

4位「旅先で」

・「旅先で、日本語を勉強しているという彼と偶然出会い、意気投合した」(40歳以上/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「お互い友人と一緒で、地元の人っぽかったのでオススメのお店を尋ねたら、一緒に飲みに行こうという話になった」(36歳/学校・教育関連/経営・コンサルタント系)

・「旅先で乗り合わせた列車が落雷で遅延し何時間かいろいろ話すうちに親しくなった」(40歳以上/その他/その他)

ハプニングが原因で親しくなったという、まるでドラマのようななんとも運命的な出会いをしたという人も。また、まったく土地勘のない場所ではよくある、道を尋ねる、という行為も出会いのきっかけになっているようです。

4位「パーティーやイベントで」

・「ダンスパーティーで声をかけられた」(40歳以上/学校・教育関連/その他)

・「パーティーで声をかけられた。強引すぎて次の約束をした」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「共通の友人から招かれたパーティーでたまたま隣の席にすわって会話がはじまった」(40歳以上/その他/その他)

なんとなく開放的な気持ちにもなるパーティーやイベントも、出会いのきっかけになりやすい場所。留学生同士が集まるパーティーで、という場合もありますが、多くの場合は友人に連れていかれ偶然、というもののようです。

6位「ネットで」

・「ネットで向こうからアプローチがあった」(28歳/その他/事務系専門職)

・「お互いの文化や言語についての情報を交換し交友を深める為のサイトで出会った」(32歳/その他/その他)

・「外国人用情報紙のネット版にペンフレンド募集的なページがあったのでそこを利用した」(37歳/小売店/事務系専門職)

SNSを使えば、国境を越えて外国人ともコンタクトがとれる時代。初めから出会い目的のケースもありますが、多くの場合は互いの母国語を教え合うランゲージエクスチェンジ目的で連絡を取りはじめたことがきっかけのようです。

「外国人と出会う」と聞くと、ちょっとハードルが高く感じますが、実際のきっかけとしては日本人カップルが出会うケースとあまり変わりがないようです。また外国語を習得するにはネイティブの知り合いを作るといいというように、はじめは語学を学ぶ目的だったのに……なんてパターンも多いよう。パートナーもでき、語学も習得できるなんて、国際恋愛のメリットかもしれませんね。

次ページ:出会うきっかけが一番多い国は?

お役立ち情報[PR]