お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

女子の本音! 「彼氏と結婚したい」と思うとき

ファナティック

%e3%82%8f%e3%81%af%e3%81%af%e3%81%af いまの恋人との結婚について考えている方も多いはず。いつ? どうやって? 本当に彼はプロポーズしてくれる? などなど、気になることはたくさん! しかし、いざ結婚となると、大きな覚悟も必要となるはず。アラサー世代の女性たちはどんな瞬間に「恋人と結婚したい!」と思うものなの? 具体的な状況について、女性たちみんなの意見を集めてみましょう。

■友だちの結婚

・「周囲がどんどん結婚するとき」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「友だちが結婚したり出産して、家庭を築いているのを羨ましく思うとき。私も彼と家庭を築きたいという気持ちが膨らむから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

アラサー世代の女性たちに、嫌でも「結婚」を意識させるのが、「友だちの結婚」です。とびきりハッピーで心の底からお祝いしてあげたいところですが……心の中には、ほんのちょっぴり焦りも生まれてしまいます。

■大好きだから

・「ずっと一緒にいたいなと思うとき」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「すごくフィーリングが合うとき」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

彼のことが大好きだからこそ、結婚したい! 非常にシンプルな理由ですが、「結婚したいと思えるほど、好きな人と出会えた」なんて、まさに奇跡です。そんな気持ちを素直に伝えてみたら、彼の心も動くのかもしれませんよ。

■独り身の寂しさ

・「独り暮らしで寂しさを感じたとき、結婚して誰かと暮らしたいと思った」(29歳/金融・証券/事務系専門職)

・「友だちが結婚していき、最終的に一人になる気がしてきたとき。もう独身の友だちが一人しかいないから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

日常生活の中で、ふと「独り身の寂しさ」を実感してしまうことはありませんか? 寒いとき、一人でご飯を食べているとき、つい独り言を言ってしまうとき……! 寂しいなと思ったら、結婚に向けて具体的な努力を開始してみるのもオススメですよ。

■逃避かも……?

・「仕事を辞めたいとき。専業主婦になりたくて結婚したいと思ってしまう」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「すごい寂しいと思ったとき。仕事を辞める気はないけど、凹むことがあったとき」(25歳/金融・証券/営業職)

仕事で辛いことがあったとき、もう辞めたいと思ったとき。「結婚したい!」という気持ちの裏には、「現実から逃避したい」という思いが隠れているのかもしれませんね。いざ結婚しても「こんなはずじゃなかったのに」と思ってしまう可能性も。慎重に行動してください。

■「今」の延長線上に

・「家でくっつきながら、話をして笑っているとき」(30歳/その他/営業職)

・「ずっと一緒にいられたら、楽しそうだなと思えたとき」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「あーなんか落ち着くから、籍入れても構わないかなと思ったとき」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

恋人と一緒にいて、穏やかな幸せを実感できる「今」という時間。理屈ではなく、「このままずっと続いていくのかな」なんて思える瞬間がやってくるものです。彼も同じ気持ちでいてくれたら、ゴールは間近と言えそうですね。

■まとめ

結婚したい! と思う瞬間がやってきたら、一歩踏み出すためのチャンスだと捉えてみてはいかがでしょうか。結婚へと踏み出すためには、女性だって勇気が必要! 心の準備が整った証拠なのかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年2月にWebアンケート。有効回答数112件(22歳~36歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]