お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

同棲はお断り! 男子を困らせる「彼女の価値観」5選

ファナティック

%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%abどんなに仲のいいカップルでも、一緒に暮らしはじめると、それまでは気づかなかった思わぬ価値観や習慣の違いに驚くこともありますよね。そこで今回は男性のみなさんに、同棲したくないと思ってしまう「女性の価値観」について本音を聞いてみました。

(1)金銭感覚

・「おおざっぱでお金遣いが荒い人」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「派手な生活の人」(28歳/運輸・倉庫/その他)

・「日本のメディアが言うセレブ」(29歳/医療・福祉/専門職)

結婚を視野に入れると、金銭感覚が合うかどうかという問題はかなり大きなポイントになります。女性があまりにも浪費家だと生活が成り立たなくなってしまう可能性だってあるでしょう。彼女でいるうちは自分で稼いだお金でブランド品を買おうが何をしようが勝手ですが、結婚すれば、そのお金は二人の将来のために取っておきたいという時期もありますしね。

(2)片付けができない

・「掃除ができなくて、家がグチャグチャ」(26歳/建設・土木/技術職)

俺ばっかり掃除してる気がする……。そんな風に思わせてしまったら、彼の不満は溜まる一方です。彼がきれい好きな場合はなおさら。同棲するということは空間を共有するということなので、お互いに片付けをする心遣いがなければ、ケンカの原因にもなりかねません。

(3)潔癖すぎる

・「あまりにキッチリしすぎている」(27歳/自動車関連/技術職)

・「潔癖や束縛する人とは一緒に住めない」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

・「ミニマリストという持ち物を最小限にして生きている人」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

片付けられない女性は敬遠されますが、反対に潔癖すぎる女性も困るようです。別々に暮らしてきた二人が一緒に暮らすのだから、どちらも少しずつ妥協をし合う必要があるでしょう。キレイ好きはもちろん悪いことではないですが、あまりにレベルの高い要求をされると人並みに掃除をしてくれる彼氏だったとしてもお手上げです。

(4)遊び癖がなおらない

・「毎週末、夜遊びに行かれる」(26歳/警備・メンテナンス/技術職)

・「夜遅くまで飲み歩く女性。安心できないし、合わないと思う」(24歳/その他/営業職)

同棲をはじめても夜遊びがとまらない彼女……、男性は不安になってしまいますよね。結婚を視野に入れた同棲をするなら、そろそろ年貢の納め時なのかも?

(5)家事ができない

・「準備が面倒だからと言って出前をとる」(23歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「家事を一切したことがなく、やろうともしない」(29歳/その他/その他)

同棲すると家事の量が倍になります。一人暮らしのときのルーティーンでは追いつかないこともあり、料理や洗濯もうまく分担しなければまわりません。片方ばかりに負担がいくといつか不安が爆発してしまう可能性大!?

<まとめ>

一人の男性と女性が同棲するには様々な困難を乗り越える必要があります。ルールを決めてしまうのも良いですし、暮らす内にいつしかルールが出来上がってくる場合もあります。どちらも我慢することもあるでしょうが、うまくまわるようになる関係になれば、楽しく生活することができそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数330件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]