お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

知らなきゃヤバい! 「お金が貯まる女性」の習慣・6つ

ファナティック

お金を大切にしている女性を見ると、見習わなくてはいけないと思うもの。同じようなお給料をもらっていても、貯金している額に大きく差があることもありますよね。今回は、「お金が貯まる」女性の習慣について、働く女性たちに聞いてみました。

貯金箱を持つ女性

1.家計簿をつける

・「きちんと家計簿をつけて、家計の見直しをしっかりしている」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「家計簿をつける。自分のお金の収支をしっかり把握できていれば、貯金にまわせるお金が増えると思う」(30歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

毎日のようにちゃんと家計簿をつけることで、無駄な支出も避けられるもの。自分のお金の使い方を把握していないと、お金も貯まりませんものね。

2.お弁当を持参する

・「お昼を外食せずに、お弁当を持ってきている」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「お弁当を自炊して毎日持参する、水筒を持ち歩く」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

毎日のようにランチに出かけると、食費に大きな打撃を与えますよね。お弁当を持参することで、かなりの節約になりそうです。

3.コンビニで買い物をしない

・「コンビニや自販機でお金を使わない。飲み物はマイボトルを持参して、食べ物はスーパーなんかでお買い得商品を買っておく」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「コンビニとかで買い物をしない人」(34歳/ソフトウェア/その他)

値段を気にせず、コンビニで買い物をしていると、お金も貯まらないもの。少しでも安く購入できるお店に行くなどして、工夫したいものですよね。

4.衝動買いをしない

・「衝動買いをしない。節約しているのがわかる」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「衝動買いをしない。買い物に行っても吟味して、家で1回考えて本当にほしかったら買う」(25歳/医療・福祉/専門職)

ほしい物を片っ端から買っていると、もちろんお金は残りませんよね。すぐに衝動買いをしてしまわないように、本当にほしい物なのか、ワンクッション置くことも必要なのかもしれません。

5.自炊する

・「自炊を徹底しているところ」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「自炊する。お弁当や水筒を持ってくれば、安く済む」(33歳/小売店/事務系専門職)

生活費を節約しようとするときに、一番手っ取り早いのが食費かもしれませんね。毎日のように外食をしているなら、自炊することで、その差額分を貯金することができますものね。

6.先取り貯金している

・「先取り貯金をしている。基本だと思うから」(33歳/不動産/専門職)

・「貯金分を先に抜く。自然と貯まる」(29歳/電機/営業職)

本当にがっつり貯金をしようと思うなら、給料が出てすぐに先取り貯金をするのが理想的かもしれませんね。最初から貯金してしまうので、それ以上、無駄遣いしようがありませんものね。

まとめ

「お金が貯まる」女性の習慣について、さまざまな意見が集まりました。すぐに取り入れられることもありますよね。むやみにすべてを節約するのではなく、必要なところは使うようにし、節約できるところは節約して、ストレスをためずに貯金ができるといいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月28日~12月29日
調査人数:101人(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2017年01月14日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE