お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

そのLINEはズルイっ! 「好きになるかも」と思った男性からのLINE・6選

ファナティック

af9940088031w

男性から送られてくるメールやLINEの中には、時々びっくりする位キュンとさせてくれるものも……。そこで「思わず好きになるかも」と思った、男性からのLINEやメールはどういうものだったか、社会人女性に尋ねてみました。

落ち込んでいるときに励ましてくれてキュン!

・「落ち込んでいるときに、丁寧な感じで慰めてくれる内容のメールをもらったとき。好きになりかけた」(34歳/その他/事務系専門職)

・「こっちが不安なことをうまくフォローしてくれる返しをしてくれる。誘われたときに『人見知りやからあんまり喋れないかも。それやったら悪いし』と言ったら、大抵の人は『大丈夫』としか言わないけど、ある人は『俺が喋るから大丈夫』とか『ずっと喋る必要ないやん』とか言ってくれる」(33歳/医療・福祉/専門職)

落ち込んでいるときに自分に寄り添ってくれるようなメールやLINEをもらえると、思わずキュンとしやすいですよね。不安が安心に変わる瞬間は、恋に落ちやすい瞬間?

笑いのツボが同じだと、キュンときてしまう

・「LINE上でジョークとかネタが共通したときとか、笑える内容だったとき、うれしくなって好きかもって思ってしまう」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「友だちの段階でそれもLINEだけで好きになることはないが、私が気に入りそうな話題を提供してくれたり、誘ってくれたりすると、何か始まるかも?とは思う」(25歳/医療・福祉/専門職)

自分と共通の何かを相手に見つけたときも、キュンとしやすい瞬間。特になぜか一致するとうれしくなるのが「笑いのツボ」ですよね。

少しネガティブな話をされると、なぜかキュンとする

・「少し弱音を吐かれたこと。気を許してくれている感じがしてうれしかったし、特別な感じがした」(27歳/その他/事務系専門職)

・「積極的にこちらの人となりを知ろうと質問してきたり、自分の小さい頃の話やネガティブな話をそれとなくしてくれたとき」(32歳/医療・福祉/専門職)

男性から弱みを見せられると、なぜか自分に打ち解けてくれたような気がしてキュンとしてしまうもの。普段強がっている男性ほどギャップ効果大です。

強気なメールはキュンとしやすい

・「特に気になっている男性ではなかったが、誘ってくれたときにたまたま予定があったので断ったら、『次は絶対に一緒に行ける日に誘う!』と宣言されて、なんだかその強気さがいいなあと思った」(29歳/情報・IT/営業職)

・「『映画楽しみだね』というメールに、『俺は〇〇さんに会うのが楽しみ』という返信がきたとき」(27歳/その他/その他)

男性からの少し強引なメールや強気なメールは、自分への思いの強さが感じられてキュンとしますよね。自分のことを大切にしてくれそうな予感?

さりげない感謝やフォローのメールがいい!

・「職場の上司から、いつもありがとう、感謝してるという内容のメール。いつも業務連絡が多い中で、顔文字入りでキュンとした」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「さりげなくフォローやお疲れ様の言葉をくれる」(27歳/医療・福祉/専門職)

恋愛対象じゃなかったのに、思わずキュンとしてしまうのがこんなメールやLINEを男性からもらえたときですよね。自分でも意外な人に恋してしまう瞬間!?

LINEやメールの内容が、普段とはまるでイメージが違うとき

・「今まで連絡を取り合うような仲じゃなかったのに、不意打ちでランチの写メを送ってきたときはかわいかったです(笑)」(26歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「いつも真面目なのに、かわいらしいスタンプを使っていた」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

いいギャップを生みやすいのが、男性の普段のキャラとは異なるメールやLINEをくれたとき。素の姿を見せてもらえると、なぜか距離がより縮まったように感じます。

こんなメールやLINEを男性から送ってもらえると、それまでは全く意識していなかったのになぜかドキドキしてしまうことも。リアルタイムでいつでもやり取りできるメールやLINE。うまく使いこなして、女性をもっとドキッとさせてほしいですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年11月にWebアンケート。有効回答数202件。25〜34歳の社会人女性)

※この記事は2017年01月14日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE