お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

送ってはいけないっ! 女性からの「非モテLINE」6つ

ファナティック

気になる男性にLINEを送るときは、相手からの返信が期待できるような内容を送りたいもの。一方的な内容になってしまうと、スルーされてしまうこともありそうなので要注意です。女性からきたLINEで、男性が「これはモテない!」と思うのはどんなLINEなのでしょうか。男性の意見を調査してみました。

女性のスマホをのぞき見る男性

今何してる?

・「今どこにいる、何しているといった束縛ライン」(36歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「今何してるの? とどうでもいいことを聞きたがる」(31歳/その他/営業職)

気になる相手のことはいろいろと知りたくなってしまうものですが、あれこれ探るような内容だと、束縛されていると思われてしまいそうです。

重い告白

・「少し重たい感じで、自分の思いを伝えるメッセージ」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「自分が好きな気持ちを理解してほしい的なメール。ストーカーの一歩手前」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

軽いノリのやり取りに向いているLINEで、重い告白をすると、相手はウザいと思ってしまいがち。気軽なやり取りを続けながら距離を縮めた上で、さくっと気持ちを伝えるくらいがよいのかもしれません。

マイナスの話題

・「マイナスのことだけを伝えるとつまらないやつと思われる」(38歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「マイナス思考的な要素。人の悪口を書く」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

ネガティブな要素が多くなると、やり取りも暗くなってしまい、つまらないものになってしまいそう。返事をする男性も暗い気持ちになってしまい、返信したくならないですよね。

会いたい

・「会いたいなどあまりにストレートすぎるもの」(39歳/学校・教育関連/専門職)

・「会いたい系の重いメール。それも繰り返ししてるとアウト」(30歳/学校・教育関連/その他)

ストレートな感情の表現は要所で使うとかなり効果的ですが、そればかりだと、どうしても重いやり取りになってしまいます。追いかけたいタイプの男性だとうんざりしてしまいますよね。

長文の近況報告

・「日記のような無意味にダラダラと長い文」(32歳/運輸・倉庫/営業職)

女性は近況報告を聞いてもらいたい! という欲求がありますが、男性にとってはうざったく感じてしまう人も。会話のキャッチボールができるような短文で、やり取りしたほうがよさそうです。

スタンプのみで会話

・「スタンプを乱用すること、安い女と思う」(37歳/学校・教育関連/営業職)

・「すべてスタンプで会話をしてくる」(35歳/その他/営業職)

・「スタンプの繰り返しや、既読スルーに対する指摘」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

会話のキャッチボールがあったあとに、スタンプを1往復するくらいだとちょうどいいのかもしれませんが、スタンプが多いと嫌だと感じてしまう男性もいるようです。

まとめ

LINEは軽い会話をするのには便利なツールなので、あまり重い内容は避けたほうがよさそうです。また、短文で会話して仲を深めるのに向いているツールなので、長文だとウザいと思われがち。いずれにしても、相手の反応を見ながら、独りよがりにならないやり取りをすることが必要ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月28日 ~12月29日
調査人数:125人(22歳~39歳の働く男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE