お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

うわぁ……男性が「センスない」と思う女子のファッション・6つ

ファナティック

おしゃれはその人の個性を表すものと言われますが、確かに外見の印象を決める大きな要素にもなりますよね。センスがいいなと思えば、その人にも興味がわくし、逆にセンスがないと残念な気持ちにも。今回は、女性に対して「ファッションセンスがないな」と思うのはどんなときか、男性の意見を聞いてみました。

n825_roshiabounoonnanoko_tp_v

 

1.色選びが奇抜

・「色の組み合わせがあまりにも奇抜。色彩に関するセンスがないのかなと思ってしまう」(27歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「派手な柄や色を使ったコーディネート」(32歳/自動車関連/専門職)

芸能人やモデルなら何とか着こなせそうな派手な色や柄。相当センスがよくないと日常的なおしゃれとしては取り入れづらいですよね。奇抜な色や柄はポイント使いでとどめるのが無難かもしれませんね。

2.サイズ感が合わない

・「着ているものは高いのに、サイズ感が合っていない」(33歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「サイズ感が合っていない人。変だと思う」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

いくらいいものを着ていてもそれを台無しにしてしまうのがサイズ感。ぴったり着こなすものか、余裕を持たせるものかはデザインによって変わるものの、明らかに自分のサイズと違うものを着ていると違和感を感じそうです。

3.自分に似合っていない

・「明らかに自分に似合っていない服装のとき」(26歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「自分の雰囲気に合っていない服装の人」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

自分にどんなものが似合うかを探っていくのもおしゃれの楽しみ。好きだからと言って似合うわけでないのは残念ですが、自分をすてきに見せるためには、着たときにいつもよりかわいく見えるものを選びたいですね。

4.TPOを考えない

・「部屋着とおしゃれ着の見た目の区別がつかないとき」(35歳/その他/クリエイティブ職)

・「ジャージ姿で現れたとき。ファッションに興味がないと思うから」(35歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

どこに行くのか、誰に会うのかに合わせて洋服を変えるのもおしゃれでは大事なこと。部屋着とオフィスファッション、デート着がすべて同じようなものだとおしゃれに無頓着に思われそうですね。

5.流行を追いすぎる・追わなさすぎる

・「流行りを追う必要はないと思うが時代錯誤は違うと思う」(34歳/自動車関連/営業職)

・「とりあえず、流行りに乗っかって、個性のない人」(30歳/医療・福祉/技術職)

流行を追いすぎてみんな横並びになってしまうのも、流行に疎すぎて時代遅れになってしまうのもおしゃれとは程遠そう。流行をうまく取り入れた自分なりの着こなしを楽しみたいですね。

6.季節感がない

・「季節に合った服装ができない」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

・「季節感や統一感がないときに感じる」(35歳/自動車関連/技術職)

夏の暑苦しい洋服、冬の寒々しい洋服。どちらも、季節感がなくておしゃれとは言えなさそう。洋服で季節感を感じさせられるような着こなしができれば、周囲の人からもセンスがいいなと思ってもらえそうですね。

まとめ

あまりファッションに興味がなくて、いつも同じような着こなしになってしまうという人もいそうですが、せっかくならおしゃれを楽しまないと損だと思いませんか? もちろん、流行の洋服に着られてしまうのではなく自分に似合ったものを選んで、自分をもっとよく見せるという気持ちが大事。すてきだなと思う人の真似をしてみるところからはじめるのもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数204件(25歳~35歳の社会人男性)

※この記事は2017年01月12日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE