お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性が「本気のキス」であればあるほど重視するポイント5つ

ファナティック

お互いの気持ちを伝え合えて、高め合う行為であるキス。恋人同士のあいさつ代わりの軽いキスもいいですが、本気のキスはまた格別ですよね。そこで、本気のキスであればあるほど重視するポイントを男性のみなさんに教えてもらいました。
rf37930869_o

やさしさ

・「強引にならないようにする」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「相手にペースを合わせる」(30歳/その他/営業職)

・「自分の欲求だけじゃなく相手のことを思ってする」(31歳/情報・IT/その他)

大切な相手との本気のキスであるがゆえに、やさしくするように心がけるという意見が多く見られました。相手がちょっとでもイヤがるそぶりを見せたら、どんなにしたくてもやめるのだそう。嫌われたくないという本気が伝わってきますよね。

エチケット

・「歯磨きなど、エチケットを気にする。唇の荒れ具合を気にする」(39歳/その他/営業職)

・「キスをしている間の息遣い」(39歳/医療・福祉/営業職)

・「必ずミントタブレットや液体歯磨きなどで口臭がないようにしておくことと、やさしいキスをする」(37歳/情報・IT/事務系専門職)

相手に不快な思いをさせなように、エチケットには細心の注意をするという男性も多いよう。たしかに、食事のすぐあとでニオイが気になったり、唇のガサガサが気になると、気になってしまって、気持ちもなかなか高まりませんよね。

シチュエーション

・「キスする場所やタイミング」(37歳/自動車関連/事務系専門職)

・「シチュエーション。ロマンチックかどうか」(34歳/商社・卸/営業職)

・「じっと見つめてからの軽いキスからはじめる」(38歳/情報・IT/技術職)

どんなところで、どんな風にキスをするかシチュエーションにこだわるという意見も見られました。きれいなイルミネーションや、満天の星空のものでのキスはいつも以上に盛り上がりますよね。どうやらロマンチストな男性は多いようです。

雰囲気

・「まわりの雰囲気。あまりガヤガヤした場所ではちょっと……」(27歳/通信/営業職)

・「その場の雰囲気やピッと波長があった瞬間にする」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ムード、雰囲気。自然な流れでしたいので、ムードは大切にします」(39歳/機械・精密機器/技術職)

シチュエーション同様に、雰囲気にもこだわる男性は多くいるよう。キスをする場所だけでなく、キスに至るまでの雰囲気づくりも本気のキスでは重要なポイントになってくるよう。キスをするまでが肝心とのことで、男性側はなかなか気が休まりませんね。

時間をかけてじっくり

・「長い時間をかけてキスする」(38歳/運輸・倉庫/技術職)

・「ゆっくりとする。伝わりそうだから」(35歳/その他/クリエイティブ職)

・「回数だけではなく、キスの時間の長さ。相手の反応により、使いわける」(34歳/情報・IT/営業職)

好きな相手とはいつまででもキスをしていたいという気持ちは、男性も同じよう。じっくりゆっくり相手との時間を味わうのだそうです。確かに、時間をかけてキスをされると、それだけ大切にされているのだと実感できますよね。

まとめ

なかには、そもそも本気のキスしかしないという意見も多数見られました。キスは、スキンシップもとれ、相手の気持ちも密接に感じ取ることができるので、恋人同士にはとても大切で素敵な行為ですよね。キスの仕方で相手にどれだけ愛されているかも実感できます。ときにはいつもとはちがうキスで、気持ちを伝えてみるのもいいかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月26日~2016年12月27日
調査人数:383人(22~39歳の男性)

※この記事は2017年01月10日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE