お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

お前、わかってるよな? 結婚するなら「覚悟してほしいこと」6つ

ファナティック

結婚をすると環境が変わり、ある程度我慢をしなくてはならないことも出てきてしまうものです。こうしたことに対する覚悟は、男性のみならず女子であってもある程度必要になってくることでしょう。そこで、男性たちに、結婚するなら女子に覚悟しておいてほしい条件などについて聞いてみました。

ook9v9a6914_tp_v

自分の時間がなくなってしまうこと

・「まず、自分の自由時間が、ほとんどなくなる覚悟が必要」(37歳/小売店/技術職)

・「自分の自由になる時間とお金が減ること」(33歳/運輸・倉庫/その他)

結婚をすると、夫や子どもにかかる時間も多くなり、自分の時間が取れなくなってしまうことも少なくありません。自分で時間を作り出すのは難しくなってしまうため、ストレスが多くなる人がいるかもしれませんね。

ある程度の我慢が必要になること

・「お互いの育ってきた環境を否定せず受け入れる覚悟と我慢をしてほしい」(36歳/機械・精密機器/技術職)

・「お互いに我慢が必要であることは理解と覚悟をしてほしい」(26歳/その他/その他)

結婚をするということは、価値観や生活習慣がちがう2人が一緒に過ごすということです。そうした生活の中では時に我慢をしなくてはならないこともあると、多くの男性は考えているようです。

会社の付き合いがあること

・「飲み会の付き合いを認めてほしい」(36歳/自動車関連/販売職・サービス系)

・「飲み会。サラリーマンの生きる道」(28歳/金融・証券/営業職)

仕事柄、付き合いや接待などで飲みに出ることも多いという男性もいるでしょう。こうした飲み会などの付き合いが多くなり、寂しい思いをさせてしまうことがあることを覚悟してほしいという男性も多いですね。

贅沢ができなくなってしまうこと

・「ある程度の贅沢は我慢しないといけないこと」(24歳/その他/その他)

・「贅沢な暮らしはできないこと」(36歳/その他/事務系専門職)

独身時代とは異なり、好きなものを好きなように買えなくなるのも結婚にはありがちなこと。贅沢な暮らしはできなくなるかもしれないということを、あらかじめ覚悟しておくべきだという男性もいました。

嫌な面も見えてしまうということ

・「嫌な面も見えてしまうこと」(34歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「小さい嫌もずっとそばにいると大きな嫌になるかもしれない。それを覚悟してほしい」(38歳/情報・IT/技術職)

結婚生活を送る上では、相手の見たくない一面を目にすることだってあるでしょう。最初は我慢できたことも、次第に積み重なって我慢できなくなることもあるかもしれないという男性もいました。

時には仕事を優先せざるを得ないこと

・「仕事を優先せざるを得ないこともある」(33歳/その他/その他)

・「夜遅い帰宅、休日の急な仕事など。なかなか予定通りに一緒に過ごせないことは理解していてほしい」(26歳/通信/営業職)

働く男性は、家庭や妻も大事ですが、仕事だって大切にしなくてはなりません。時には休日に出かける約束もダメにしてしまうことだってあるでしょう。このように、仕事を最優先にすることがあることを理解してほしいという男性もいました。

まとめ

結婚をすることによって、環境が変わってしまうのはみな一緒です。夢ばかり持っていては、現実を知って愕然としてしまうことだってあるでしょう。あらかじめ覚悟を持って結婚をすれば、きっと結婚生活もそれなりにうまくいくのではないでしょうか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月20日~2016年12月21日
調査人数:377人(22~39歳の社会人男性)

※この記事は2017年01月10日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE