お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女子が「OKしたくなる告白」と「イラッとする告白」そのちがいは?

ファナティック

%e3%81%8c%e3%81%a3%e3%81%93%e3%81%86それほど意識していない男性からでも、愛の告白を受けると、うれしく感じることもあるのではないでしょうか。付き合うかどうかは別としても、悪い気はしないものですよね。今回は、これまでに男性に言われて「うれしかった告白」と「あまり、うれしくなかった告白」について女性のみなさんに聞いてみました。

ストレートに好きだ

・「好きだとストレートに言われたのはうれしかったが、情で付き合うことになった人は冷めた」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「ストレートに好きだと言われたのがうれしかった。『とりあえず付き合う?』という告白はうれしくなかった」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

遠回しな言葉で告白されるよりも、ストレートに「好きだ」と言われると、胸を打つこともあるのでは。真剣な思いが伝わってきますよね。

ずっと一緒にいたい

・「今の彼が一人目ですが、『ずっと一緒にいたい』と言われたときはうれしいです」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「うれしかったのは、ストレートに『これからも一緒にいたいから、付き合ってほしい』とわかりやすく言ってもらったとき。うれしくなかったのは上から目線で『付き合ってもいいかなって思ってるんだけど』って言われた」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

「ずっと一緒にいたい」なんて言われると、うれしいやら恥ずかしいやら、返事に困ってしまいそうですね。結婚を意識しているなら、そのままプロポーズとも受け取れますものね。

一目惚れした

・「うれしかったのは『一目惚れしたから付き合ってくれ」と言われたときで、『お前でいいから付き合って』と言われたときはイヤだった」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

いきなり一目惚れしたなんて言われると、どこまで信用していいかわからないもの。でも決して悪い気はしませんよね。

勇気を出して告白

・「すごくシャイな同級生が勇気を出して告白してくれたのはうれしかった。名前も知らない人に告白されたときはうれしくないというか怖かった」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

誰かに告白するのは、とても勇気がいること。特に内向的な人だと、よほど大事に思われていると感じますよね。

直接言われる

・「直接言われた告白はうれしかったが、メールなどで言われた告白はうれしくないし、からかわれているのかと疑う」(33歳/生保・損保/専門職)

・「直接はうれしい」(35歳/医療・福祉/専門職)

告白するときに、友だちを介してくる男性も中にはいますよね。やはり告白されるなら、直接本人の口から聞きたいと思うものではないでしょうか。

好きな人からの告白

・「自分も好意を抱いていた相手から告白されたときはうれしかった。逆に、好意を持てない相手で断ったにも関わらず、しつこく追いすがってくるような告白は鬱陶しくてうれしくなかった」(31歳/その他/その他)

・「うれしかった告白は、好きな人からストレートに好きと言われたこと。うれしくなかった告白は、合コン当日にされた告白。私のこと何も知らないのに適当だなと思った」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

自分も相手に好意を抱いている場合、これほどうれしい告白はありませんよね。両想いだったことがわかったのなら、断る理由はありませんよね。

まとめ

どんな告白をされたとしても、それほどイヤな気になることはないかもしれませんね。とはいえ、上から目線で告白されると、付き合いたいと思うこともなさそうです。断られることも踏まえた上での謙虚な告白のほうが好感が持てるかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数85件(21歳~36歳の働く女性)

※この記事は2017年01月06日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE