お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「妻」VS「元カノ」……今さらだけど、どっちがいい?

ファナティック

何事も後悔先に立たず、と言いますが、結婚してから「ああ、元カレ・元カノのほうがよかったかも……」と気づく人も世の中にはいるものです。今回は、既婚男性たちに、「妻」と「元カノ」を比べて、正直なところどちらのほうがいいと感じるか、本音を聞かせてもらいました。

キスするカップル

Q.あなたは、「結婚相手」と「昔の恋人」では、今さらだけど、どっちがいいですか?

「結婚相手」……46%

「昔の恋人」……29%

「その他」(「妻が初めての恋人」などを含む)……25%

<「妻」派の男性の意見>

■最高の女性

・「妻。今まで出会った中で最高の女性」(31歳/自動車関連/技術職)

結婚は、本来、今まで出会った中で、一番だと感じた相手とするもののはず。どうでもいい相手と、人生をともにしようとは思いませんからね。

■自分のことを気にかけてくれる

・「妻。やっぱり長い時間一緒にいるだけあって、小さな変化に気づいてくれるから」(27歳/建設・土木/その他

結婚し、長く一緒にいることで、より強い絆が生まれます。そういう関係を築いていっている夫婦は、お互いにベストな相手を選んだと思えるでしょうね。

■毎日楽しい!

・「妻。こんなに笑いの絶えない家庭を築けて幸せです」(37歳/警備・メンテナンス/その他)

・「妻でよかったと思う。普段が楽しいから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

結婚生活を、毎日楽しい、おもしろい、と感じられるのが一番幸せなことでしょう。その幸せがあるのは、自分にとって、最良の相手を選んだ証拠ですね。

■別れたこと、結婚したことに理由はある

・「妻、なんだかんだで元カノは別れた人」(39歳/学校・教育関連/専門職)

・「妻。一緒にいたいと思えなかったから昔の恋人になっているわけで、逆にずっと一緒にいたいから結婚したから」(33歳/情報・IT/技術職)

別れた理由、結婚した理由がちゃんとあるのなら、自分の選択に後悔することもないでしょう。理由がはっきりしていないから、あとになっていろいろ考えてしまうのかも。

<「元カノ」派の男性の意見>

■言うことを聞いてくれたから……

・「元カノがよかったかもと思うことはある。自分の言うことをよく聞いてくれたなど」(36歳/機械・精密機器/技術職)

・「元カノのほうが何でも言うことを聞いてくれてよかった」(38歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

言うことを聞いてくれたのは、結婚して、深い関係になっていなかったからかもしれませんが、こればっかりは実際に結婚していないからわかりませんね。

■いい思い出は覚えているから……

・「元カノ。そのときは嫌なことが多くて別れたが、思い出すのはやっぱりきれいな思い出ばかりで新鮮な気持ちになるから」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「元カノ。記憶が美化されているので、いい記憶しか残っていないから」(34歳/電機/技術職)

よく、過去は美化されがち、と言いますが、別れてしまった彼女との思い出も、きっと美化されているのでしょうね。終わってしまった恋だからこそ、魅力的に感じるのでしょう。

まとめ

結婚した相手が運命の相手とは、必ずしも言えないかもしれません。勢いで結婚する場合も世の中にはあるでしょう。まだ結婚をしていない人は、自分が結婚をしたあと「この人じゃなかったかも……」なんて後悔をしない選択をしましょうね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月8日~12月12日
調査人数:152人(23歳~39歳の既婚男性)

※この記事は2017年01月05日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE