お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「博多美人」と「秋田美人」、男子が嫁にしたいのは?

ファナティック

rf43754389_o

「秋田美人」「博多美人」という言葉を聞いたことがある人は多いかと思います。秋田県、そして福岡県の博多市には美人な女性が多い、ということからこの言葉が生まれました。
同じ「美人」という言葉を使ってはいても、博多美人と秋田美人とではきっと美しさの種類がちがうはず。男性としては、博多美人と秋田美人、どちらがよりお嫁さんとして魅力的に感じられるのでしょうか。

Q.博多美人と秋田美人のうち、嫁にしたいのはどちらですか?

博多美人:25%
秋田美人:75%

かなりの大差をつけて秋田美人がリードしています。どちらも魅力的な女性であることは変わらないかと思いますが、この差は一体何が理由で生まれたのでしょうか。

博多美人を嫁にしたい

●博多美人の方がきれい?

・「博多美人のが美人な印象が強いので」(32歳/金融・証券/専門職)

・「福岡の方が美人でいい」(31歳/不動産/営業職)

秋田美人と博多美人を比べると、博多美人の方がよりきれいだと考えている男性も多いようです。どちらにもちがう美しさがあるようにも思えますが、博多美人の方が好みだという男性ももちろんいるでしょう。

●博多弁がかわいい

・「秋田より福岡の方が方言がかわいい」(31歳/不動産/事務系専門職)

・「言葉遣いも含めて新鮮な感じがすると思う」(30歳/医療・福祉/専門職)

女性の話す方言として「かわいい」と人気が高い博多弁。秋田弁よりも博多弁の方がかわいらしいから、と博多美人を選ぶ男性もいました。自分の地元と博多が離れていれば、なじみのない方言な分ちょっとしたおしゃべりも新鮮な気持ちでできそうですね。

●性格が明るい

・「明るそう。男と立ててくれそうだし、さっぱりしていそう」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「性格が明るそうで、家庭内も明るくなりそうだから」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

結婚すれば毎日一緒に暮らすことになりますから、一緒に過ごしていて楽しい相手がパートナーとしては理想的ですよね。博多の女性には明るい性格の人が多く、一緒に過ごすのが楽しそうだ、というイメージが強いようです。

秋田美人を嫁にしたい

●秋田には本当に美人が多い

・「秋田の女性は出会った中で美人が多かったから」(31歳/マスコミ・広告/専門職)

・「秋田の人は本当に美人が多いので」(33歳/食品・飲料/技術職)

秋田美人という言葉だけ知っている状態であれば本当に美人が多いのか半信半疑になってしまいそうですが、自分が直接知り合った秋田出身女性には本当に美人が多かったという実体験があれば、秋田美人という言葉にもグッと説得力が出てきますよね。せっかく結婚するならやっぱりきれいな人がいい、と男性が考えるのは当然のことです。

●おしとやかで家庭的

・「家庭的な人が多いと言う話を聞いたことがあるから」(30歳/その他/その他)

・「おしとやかそうなので、癒しと献身をくれそう」(32歳/電機/技術職)

秋田美人に関する印象は、明るい人が多そうだという博多美人のイメージよりもどこかおとなしく、おしとやかなもののようです。元気な女性よりも家庭的で癒やしてくれるような女性が好みだという男性からすれば、秋田美人の方が理想的なお嫁さんかもしれませんね。

●秋田の女性は優しい?

・「とにかく優しく思いやりがありそうだから」(32歳/電機/技術職)

・「肌がきれいそうだし、気立てもよさそうな気がするから」(34歳/電機/技術職)

明るい、おおらかそう、といった声のあった博多美人とは対照的に、秋田美人に関しては「優しそう」「気立てが良さそう」という意見が目立ちました。家では楽しく過ごすよりもゆっくり落ち着ける時間を持ちたいという人と相性が良さそうですね。

まとめ

「博多美人」と「秋田美人」、どちらと結婚したいかというアンケートでしたが、意外にも見た目のきれいさ以上に出身地の違いによる性格や方言などが重視されているようでした。結婚生活を続けていくことを考えれば、見た目ばかりを気にするのではなく、相手をどう気遣うか、どう思いやるかという内面にも目を向けることが大切ですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月16日~12月22日
調査人数:107人(22歳~34歳の男性)

※この記事は2017年01月03日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE