お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ありえない! 「男性に遊ばれたとき」の女子の本音6つ

ファナティック

%e5%bd%bc%e3%81%ab%e3%81%a8%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%80%81%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%8c%e9%81%8a%e3%81%b3%e7%9b%b8%e6%89%8b%e3%81%a0%e3%81%a8%e3%82%8f%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%89自分は本気で付き合っているのに、彼にとっては遊びの付き合いだったら……。女性にとっては考えたくもない最悪の事態ですよね。ではもしもそのような事態に直面した場合、みんなはどのような判断を下すのでしょうか。働く女性の本音を聞いてみました。

Q.恋人にとって、自分が本命ではなく遊び相手だとわかったらどうしますか?

別れる 85.4%
別れない 14.6%

8割以上の女性が、遊び相手なら別れると回答しました。その回答を選んだ理由を、エピソードと併せて聞いてみました。

【「別れる」と回答した女性の意見】

■結果的に自分がつらくなるから

・「長くいるだけ情がわいてしまうので見切りをつけたほうがいいと思う」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「相手にとって自分が遊び相手だとしても、自分にとっては大事な人なので、大事な人にそのように思われていたら、自分の存在価値の薄さに落ち込んでしまうと思う」(32歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

たとえ相手にとって遊び相手だったとしても、一緒にいる時間が長くなればなるほど、思い出の数は増えていきます。最終的には自分を追い込んでしまうことにもなりかねないでしょう。

■自分の将来を考えて

・「将来を考えて一緒にいる意味がなくなるので」(30歳/その他/事務系専門職)
・「結婚がしたいし、家庭を持ちたい。そんなつもりがない人とズルズル付き合うメリットがない」(27歳/その他/クリエイティブ職)

未来が見えない人と一緒にいても仕方がないと考える人も。どうしても実現したいことがあるなら、遊び相手のまま時間を過ごすことは考えたほうがいいかもしれませんね。

■もっといい恋愛をするために

・「先が見えない恋愛より、自分を好きでいてくれる人がいい」(33歳/医療・福祉/専門職)
・「未来がない関係なのに続けるのはつらい。別れるのはつらいけど、一人にならないとまわりにいい人がいても気づかない。だから自分のためにちゃんと別れる」(31歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

自分がその恋愛に夢中になっていると、自分のことを本気で好きになってくれる人がいたとしても、逃してしまうのでは? と考える人も。幸せになる権利を自ら捨てるようなことはしたくないですよね。

■とにかく無駄が多い

・「付き合った時間もお金も無駄にしたくない」(25歳/その他/事務系専門職)
・「出産までのタイムリミットがあるから」(31歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

遊びの恋愛の問題点は無駄が多くなってしまうこと。より早く幸せな結婚や出産を実現したいのなら、早々に見切りをつけることも必要かもしれませんね。

【「別れない」と回答した女性の意見】

■こちらも納得した上で

・「遊び相手だと思っても、こっちが本当に好きなら簡単には別れられないと思う」(25歳/医薬品・化粧品/技術職)
・「それでもいいと思えればそれで。相手にとって遊び相手でも自分にとっては本命であれば、さして問題ではないのかと」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

別れることができなくても、自分が遊び相手であることを自覚し、納得していれば問題はないのでは? という意見も。今は遊び相手でも、事態はどう変わるかわかりません。

■むしろ彼を遊び相手にする

・「こちらも遊び相手の一人だという認識に換えて気軽に付き合いを続ける」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「自分も遊び相手にして本命を探してフェアに付き合う」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

自分もほかに本命を見つけて、彼とは遊びの関係を続けるという人も。このような恋愛には開き直りも必要なのかもしれませんね。

まとめ

どちらが正しい選択という正解はありませんが、大切なのは「自分は彼にとって遊び相手である」ということを認識すること。事実から目を背けても見えてくるものはありません。認識した上で自分にとって正しいと思える判断をすることが大切ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数171件(22~34歳の働く女性)

※この記事は2016年12月28日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE