お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

バレバレだわっ! 「おごられたいんだろうな」と思う女の行動6つ

ファナティック

何かと出費が続くこの時期、男性におごってもらえたら正直うれしいという女性も多いのではないでしょうか。とは言っても、そんなもくろみを匂わせていると、男性から感づかれてしまうことも多いようです。おごられたいと思っている女性の行動について、男性の意見を聞いてみました。

af9920044014m

■会計時にいなくなる

・「会計前にトイレに行ったり電話している人」(29歳/印刷・紙パルプ/販売職・サービス系)

・「気づいたら先に既に店を出ている」(33歳/その他/事務系専門職)

食事も済んで人通り話すことも話して、さぁそろそろお会計……と思ったころ、突如として席を立つ女性。これには男性も「払う気がないのでは?」と思ってしまうようです。

■はっきりと自分の意志を伝えてくる

・「『今日はごちそうさまです』ってあたりまえのように事前に言ってくる人」(24歳/その他/その他)

・「はっきりおごられたいといってくる女性がいた」(39歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

腹黒さがなくてある意味好感が持てるかもしれませんが、これがひんぱんに続くと「あまりかかわりたくない」と思われてしまうかも。特にそれほど親しくない男性が相手だとずうずうしいイメージを与えてしまうでしょう。

■お金がないと執拗にアピール

・「今日お金ないんだを連呼している人」(25歳/アパレル・繊維/営業職)

・「遠まわしにお金がないことをアピールしてきて、おごりとわかればテンションが上がる」(36歳/機械・精密機器/技術職)

そもそもお金がないのに買い物をしようとする人はいませんよね。あまりにしつこくアピールしていると「お金がないなら食事には行けないでしょ」と言われてしまうかもしれません。

■財布を出さない

・「財布を一向に見せない女性」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「お会計のときに財布を出す素ぶりも見せない。経験済みだから」(30歳/医療・福祉/専門職)

会計時になっても、ただ支払う様子を見ているだけで財布を出さない女性もいますよね。男性側がおごる気満々なら問題ないのですが、そうでない場合はキャッシャーの手前、強制的に払わなければならなくなってしまいます。

■高価格帯のお店をチョイス

・「やたら高そうな店へ行きたがるオバサン。足元を見てるのがバレバレだから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「『私、焼肉が食べたいー』と言って、ちょっといいお肉屋さんをリコメンドしてくる女性」(35歳/機械・精密機器/技術職)

明らかに自分で払うには高いお店を選ばれると、おごらせる気だなとかまえる男性も多いようです。リッチなお店は、自分もお金を出せるときに提案するのがマナーかもしれません。

■おごってくれそうな人がいるときだけ

・「自分よりも立場が上の人とばかり食事に行きたがる女性。割り勘になりそうな食事会へは参加を渋る」(28歳/農林・水産/販売職・サービス系)

・「年配者がいるときしか食事に付き合わない」(37歳/情報・IT/技術職)

本来、自分と立場がちがう人との食事は気を使って思う存分楽しめないもの。それでもおごられるためならそんなことは関係ないという人もいるようです。タダ飯に対する執着のすごさがうかがえますね。

<まとめ>

男性が好意でおごってくれるぶんには問題はありませんが、はじめからおごられる前提で食事に行くのは考えもの。「あの人はおごらせるから要注意」と言われないよう、気をつけたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月15日~2016年12月16日
調査人数:382人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]