お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

もう別れなよ! 女性が理解できない「男友だちの彼女」6選

ファナティック

同性に嫌われるタイプの女性っていますよね。そういった女性に限って、自分の男友だちと付き合っていたりするから不思議です。今回は、女性が理解できない「男友だちの彼女」をご紹介します。

女性をにらむ

■束縛が激しい

・「束縛が激しい女。私とその男友だちがSNSでコメントし合うだけでも怒られるらしく、めんどくさい女だなと思った」(26歳/マスコミ・広告/その他)

・「束縛が激しすぎる女。意味がわからない」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

恋人がいるいないに関わらず、大事な男友だちとは仲良くしたいと思うもの。しかし彼女からしてみれば、ほかの女性と交流することさえ許せないのかも。気持ちはわからなくもないですが、束縛しすぎは彼の交友関係を制限してしまうことになりそう。

■女性らしくない

・「男っぽくて、かわいさのかけらもない」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「がさつで、女の子らしさが全くない」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

彼氏ができると、多少は容姿や言動に気を遣い、女の子らしさを心がけますよね。しかし男友だちの彼女にそうした様子がないと、同性として「なんであんな子と?」と思ってしまいそうです。

■派手すぎる

・「ケバイだけのド派手女。どこがいいのかわからない」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「派手なギャルで、会話が成り立たない彼女を見たとき。普通に会話できなくて、なぜ付き合えるんだろうと思った」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

男友だちが派手な女性と付き合っているのが理解できない、という声も。彼自身がそこまで派手なタイプでなければ、意外な好みにびっくりしてしまいそうですね。

■料理ができない

・「ワガママだし、料理ができない女性。一緒にいて楽しいのかなと思ってしまう」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「家事や料理とか、まったくやる気がない」(26歳/医療・福祉/専門職)

料理上手の女性が好き、という男性は多いイメージですよね。それに料理など最低限の家事は、生きていくうえでもできたほうがいいでしょう。料理ができない彼女だと、女性としてはあまりよく思わないようです。

■デートをしない

・「デートをあまりしないのに付き合っていると言っていて、なんで? と思った」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

・「付き合って半年で2回くらいしか会ったことがない」(28歳/電力・ガス・石油/営業職)

付き合っているのなら頻繁にデートしてもよさそうなものですが、なぜか彼女と会えていない男性も。もし彼女のほうがあまり会いたがらないようなら、本当に付き合っているのか疑わしくなりますね。

■金銭的な問題がある

・「金遣いが荒い彼女。本人も愚痴をこぼしているのに付き合い続けているのが理解できない」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「金にがめつい女。ほしいものは全部ねだる」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

金遣いが荒い女性や、彼のお金を当てにするような女性と付き合っている男性を見ると、友だちとして心配になってしまいそう。早めに別れることを勧めてしまいそうです。

■まとめ

友だちである自分が口を出したとしても、好みは人それぞれ。どのような女性でも、その男友だちにとってはいい彼女なのかもしれません。しかし、同性としてオススメできない女性とはなるべく付き合ってほしくないものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月12日~12月14日
調査人数:100人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]