お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

女子が「生理中なの」とウソをつくとき・3つ

フォルサ

男性とデートするのがおっくうなときに使いがちな「生理中だから」という言葉。もちろん、すべてが嘘というわけではないし、実際に生理のときには、何かをするのが面倒になるという人も多いでしょう。でも明らかに嘘をついてしまうときってどんな瞬間なのでしょうか? 女性のみなさんに聞いてみました。

xgtcy1rh1t01xtq1481001093_1481001140

■デートに行きたくない

・「外に出掛けるのがめんどくさいとき」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「何となく気分が乗らなくて会いたくない時」(32歳/生保・損保/営業職)

・「デートに気乗りせず、楽しい気持ちになれないとき」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

「デートに誘われてもなんとなくでかけたくない」そんな気分のときについそう言って断ってしまう人、割と多いのではないでしょうか? 嘘をつくことはいいことではないですが、この気分をちゃんと言葉で説明するのは難しいですよね。ちゃんと相手が理解してくれないかもしれませんし。そんな時には便利な言葉です。

■本当に体調が悪いとき

・「ちょっと眠くて体の調子が悪いけど何とかごまかしてる時に生理中だと言います」(24歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「ちょっと体調が悪い時とか生理を理由にする」(26歳。機械・精密機器/販売職・サービス系)

本当に体調がよくないときに誘われても楽しめないし、そっとしておいてほしいと思うのは当たり前です。でもそれがどのくらい体調がよくないのか、仕事してるから大丈夫なのではないか、など、そういう細かいことを説明せずに誘いを断るにはこれを言うのが一番かもしれませんね。

■水泳を断りたい

・「激しい運動をしたくない時や水の中に入りたくない時」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「プールに誘われて、泳ぎたくない日」(25歳/金融・証券/営業職)

夏のデートだと意外とありそうなのが、海やプールへのお誘い。でも水着になるのも泳ぐのも結構、面倒ですよね。外だと日焼けも気になるし、泳いだ後のだるさもあります。そういう時にも便利なのが「生理中」という言葉。ひと夏をそれで乗り越えられるのかは少し疑問ですが。

■まとめ

もちろん嘘をつくという行為そのものは褒められることではないでしょうが、この女性の嘘は相手を思いやったり、無為なトラブルを避けるために発せられることも多いようです。デートをむげに断るのではなく、「ごめんね、今日はダメなの」とやんわり断ることで、相手を傷つけずに済みますから。ただし、毎回同じ手は使えませんし、いつかは本当の気持ちを伝えることも大事です。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数114件(22歳~35歳の働く女性)

(フォルサ/さとう ともこ)

お役立ち情報[PR]