お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

口癖から見極める! 「稼ぐ男性」が言いがちなひと言・5つ

ファナティック

結婚を考えるとき、相手の「収入面」が気になる女性は多いことと思います。男性的には、あまりいい気持ちにはならないかもしれませんが……将来の生活面を考えると、無視するのが難しいポイントです。とはいえ、ストレートに相手の収入を聞くと、ドン引きされてしまう可能性もアリ! そこで今回は、「口癖」から「稼ぐ男性」を判断するためのコツを伝授! 女性たちに、「稼ぐ男性」がよく言う口癖を聞いてみました。

メガネの男性

■やってみます!

・「精いっぱいやらせていただきます。稼ぐ男性は上を目指しているから、自分にとって少しハードルが高い仕事でも『精いっぱいやらせていただきます』と快く返事をしていそうだから」(24歳/通信/営業職)

・「『やってみます』。向上心があると思うから」(26歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「『俺がやります、チャンスをください』などの挑戦心のある言葉や前向きな言葉だと思います」(24歳/金融・証券/営業職)

仕事をしていると、「今の自分には、ちょっとハードルが高いかも……」と思う瞬間があるものです。こんなときに萎縮せず、前向きにやってみようとするのは、「稼ぐ男性」の証拠だと言えそう。前向きに取り組むことで、チャンスも物にしやすいのでしょう。

■ありがとう

・「『ありがとうございます』。仕事関係者とかだけではなく、日常的に感謝が伝えられていそう」(24歳/通信/営業職)

・「『ありがとう』。人への感謝を忘れない人は出世すると思う」(30歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

仕事はひとりでできるものではなく、必ず関わる相手がいるもの。照れくさいとか、面倒だとか思うことなく、仕事でもプライベートでも日ごろから人に感謝の気持ちを伝えられる人は、自分もまわりも明るい気持ちにしてチャンスがめぐってきそうですよね。

■○○さんのおかげ

・「『みんなのおかげです、ありがとう』。とまわりへの感謝を忘れない(33歳/不動産/事務系専門職)

・「『○○さんのおかげ』。自分の力ではなく周囲のおかげだということをよく言っていそう」(30歳/機械・精密機器/営業職)

稼ぐ男性ほど、「周囲のおかげ」という気持ちを忘れないものかもしれませんね。こんな男性は、きっと周囲からも愛されているはず。周囲から引き立てられて、より大きな成功に近づいていくでしょう。

■大丈夫

・「『大丈夫だよ』。とりあえずポジティブな言葉を口にしていることが多い気がするから」(33歳/不動産/専門職)

・「『大丈夫』、と言って安心させてくれそう」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

稼ぐ男性には、周囲を気遣う余裕があるもの。一緒にいたら、心もほっと安心できそう。「稼ぐ男性」を見つけたいときには、ぜひ「気配りができる男性」に注目してみてください。

■時間は作り出すもの

・「『時間は作り出すものだ』とよく言っている」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「『時間が大切だ』という言動、稼ぐ男はわずかな時間も無駄にしていないと思うから」(25歳/その他/事務系専門職)

稼ぐ男性は、自分の時間と情熱を仕事へと注ぎ込んでいることも多いものです。忙しい中で優先順位を決め、優先度の高いものへ時間を作り出す必要が出てきますね。時間が足りない場合は、「時間はお金で買う。弁護士の彼氏と付き合っているときに言っていました」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)という人も。

■まとめ

稼ぐ男性の口癖5つはいかがでしたか? こんな口癖の男性を見かけたら、要チェックかもしれませんね。次の恋は、収入面にもこだわりたい! と思っている女性は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月2日~12月11日
調査人数:104人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]