お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ごめん誰っ! 女子が「元カレを忘れる」のが早い理由3

ファナティック

1gf2160250691m

恋をすれば避けられない失恋。今度こそは! と思っていた相手との破局は心に大ダメージを与えますよね。「失恋から立ち直るのは、大人になるほど長引く」……これは本当のことでしょうか? 女性に聞いてみましょう。

Q.「失恋からの立ち直り期間」は、大人になって長引いたと思いますか? それとも早くなったと思いますか?

長引く……33.06%
早くなる……66.94%

大人になってからは、約7割の女性が「失恋からの立ち直り期間」が早くなったと回答。いったいどういうわけなのでしょう? まずは、「失恋からの立ち直り期間」が長引いてしまった人の意見から。

■長引いた!

●次があると思えない

・「特に30代すぎの女は、またまた結婚が遠のくから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「若いときは次があると思ったが、年を取るとなかなか」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

女性には、結婚までのタイムリミットが存在しますよね。適齢期を過ぎてからの恋は結婚前提にはじめることが多そうですが、期待を裏切る結果に終わってしまうと、自分の将来に絶望しそうです。

●次の恋まで時間がかかる

・「年取ると出会いが少なくなるので別れたら次見つかるまで時間がかかりそうだから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「次の恋を見つけるまでに時間がかかるから」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

相手への未練などは自分の中で断ち切れたとしても、恋愛したい気持ちがある以上、次の恋をはじめるまでは「失恋からの立ち直り期間」に入るのかも。ですが、大人になると異性との出会いが少なく難航しがちなのだとか。

●臆病になる

・「次に踏み出すのが怖くなるのと、前の恋がよかったので」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「臆病になってしまい、次の恋をスタートするのに、とても勇気がいるから」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

失恋してつらい思いをするのはどの世代でも同じ。ある程度の年齢になると若いころのような自信が失われてしまうのか、恋愛自体に臆病になってしまうという声も。次の恋まで長くなりそうですね。

■早くなった!

●多忙になった

・「仕事で忙しいからそれどころではないので」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「学生より社会人のほうが忙しいからあまり引きずっていられない」(34歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

失恋を引きずるにも時間が必要です。時間に余裕のある学生時代ならともかく、社会人にはお勤めがあります。もし一晩落ち込んだらもう出勤ですから、自由時間の多くを使って悲しみに浸っている場合ではありません。

●時間制限を意識

・「早く切り替えていかないと時間がない」(29歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「次に行かないといろんなリミットがあるからもったいない」(33歳/その他/事務系専門職)

結婚に適齢期がある女性。ある程度の年齢になるとまわりの友人たちもどんどん結婚していきますし、自分だけ取り残される悲劇を考えると、いつまでも終わった恋にこだわってはいられなさそうです。

●ほかにも楽しみはある!

・「ほかにも楽しいことはたくさんあると知ったから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「男の人はたくさんいると思えるようになったので、『次。次』という切り替えが早くなったと思います」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

世の中には恋しか楽しみがなく、自分と恋してくれる男性は世界にたった1人。もしそういった状況なら失恋を引きずっても仕方ないですが、現実は真逆ですよね。大人になるとこうした考えもできるようになりますね。

■まとめ

若いころは繊細だった心も、大人になればある程度タフになります。ですから、失恋しても前よりは早く立ち直れる人が多くなったのかもしれません。また、大人になれば恋以外にも楽しいことがあると知るので、余裕が出てくるせいもあるようです。興味深いですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月28日~12月5日
調査人数:98人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]