お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド デート・カップル

ズルーイ!! 男性は別れを告げるとき●●で済ませようとする!?

大好きな人と付き合っても、徐々に性格の不一致が出てきたり、ちょっとしたすれ違いから別れに至ってしまうこともありますよね。例え期間が短くても、ひどいことをされたとしても、情や思い出があり悲しい気持ちになることもあるはず。「恋人との別れ方」について健康美人が調査し、結果を発表しました。詳しく見てみましょう。

rf47173202_o

■女性が別れを告げる手段

%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%81%ae%e5%88%a5%e3%82%8c%e3%81%ae%e5%91%8a%e3%81%92%e6%96%b9

・1位 直接会って告げる(40%)
・2位 メール・LINEで告げる(38%)
・3位 電話で告げる(35%)
・4位 連絡を絶ちフェードアウト(23%)
・同率4位 振られるように仕向ける(23%)
・5位 新恋人を作り別れてもらう(8%)

1位は「直接会って告げる」でした。やはり最後まで誠心誠意向き合うことが大切ですよね。続いて2位に「メール・LINE」、3位に「電話」という結果に。相手の顔を見たら言えなくなってしまったり、もう二度と顔も見たくないという理由からかもしれませんね。

■男性が別れを告げる手段

%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%81%ae%e5%88%a5%e3%82%8c%e3%81%ae%e5%91%8a%e3%81%92%e6%96%b9

・1位 メール・LINEで告げられた(45%)
・2位 電話で告げられた(33%)
・3位 直接会って告げられた(25%)
・4位 音信不通になりフェードアウト(15%)
・5位 振るように仕向けられた(10%)
・6位 新恋人がいると告げられた(5%)

彼氏の方から振る場合は、女性から振る際の手段1位から3位が逆転する結果となりました。顔を合わせることを避ける男性が多いようですね。メールやLINE一通で切れてしまう関係はあまりにも寂しく、振られた側はどう消化したらいいのか悩んだ方も多いのではないでしょうか。

■別れ話が白紙に戻った経験

%e5%88%a5%e3%82%8c%e3%81%8c%e7%99%bd%e7%b4%99

・ある(43%)
・ない(57%)

半数以上の方がきっぱり別れたようですね。しかし、「悪いところは直すから別れたくない」「別れ話の後、冷静になって考えてやっぱり別れたくない」などと言われて白紙に戻ることも少なくはなさそうですが、別れ話を切り出すには、それ相応の覚悟が必要となりますね。

■悔いの残る別れ方をした経験

%e3%81%8f%e3%81%84%e3%81%ae%e6%ae%8b%e3%82%8b%e5%88%a5%e3%82%8c%e6%96%b9

・ある(75%)
・ない(25%)

悔いの残る別れ方をしたことがあると回答された方が圧倒的に多いですね。特に若い頃は感情的になってしまい喧嘩別れしたり、気持ちが重くて逃げ出してしまったり、逆に逃げられてしまうこともあったと思います。後悔を次に生かせることができれば良いですよね。

■別れ話がこじれる原因

%e5%88%a5%e3%82%8c%e3%81%8c%e3%81%93%e3%81%98%e3%82%8c%e3%82%8b%e5%8e%9f%e5%9b%a0

・1位 嫌いな訳ではないと言う(41%)
・2位 遠回しに切り出す(20%)
・3位 一方的に告げて逃げる(18%)
・4位 楽しいデートの直後に言う(8%)
・5位 振られる側が泣く(5%)
・同率5位 好きな人が出来たと言う(5%)
・6位 振る側が泣く(3%)

「嫌いになった訳ではない」と言われても納得がいかないですよね。傷つけないようにと相手を思った結果出てしまった言葉でも、はっきりした理由を教えてくれないと復縁を期待してしまうはず。また、遠回しに切り出したり別れたいサインを送られただけでは、ずるずると続いてしまいそうですよね。

■まとめ

女性は直接会って別れを告げる人が多く、男性はLINEやメールで別れを告げる人が多いということがわかりました。もしかすると、男性は顔を見てしまうと、決意がくじけそうになるなんてことを恐れているのかもしれません。あなたやあなたのまわりではどうですか?

【調査概要】
・調査エリア:全国
・調査方法:女性のためのポータルサイト「健康美人」(http://b-h.jp)にてアンケート調査を実施
・回答数:514名
・年代別内訳:12歳以下(10%)、13~15歳(3%)、16~18歳(8%)、19~22歳(28%)、23~29歳(18%)、30~39歳(20%)、40歳以上(13%)

(マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]