お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

会いてぇ……! 男性が、日常で「彼女のことを思い出す瞬間」6つ

ファナティック

大好きな彼女のことは一瞬たりとも忘れることはないけれど、正直なところいつも彼女のことばかりを考えているわけにはいきませんよね。ただ、何かのきっかけで彼女のことが心の中に大きく浮かび上がってくることはあるもの。今回は「日常で彼女のことを思い出す瞬間」について男性たちに聞いてみました。

af9940065855m-1

■彼女の好きな物を見かけたとき

・「好きだった食べ物を店などで見かけたとき」(37歳/その他/その他)

・「好きだと言っていた食べ物を見たり食べたりしたとき」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

彼女の好きな食べ物を見たときに「食べさせてあげたいな」と思う男性。一緒に食べたときの彼女の幸せそうな顔や大好物を前にした彼女のうれしそうな顔が頭をよぎるのでしょうか。

■疲れたとき

・「仕事に疲れているとき」(37歳/情報・IT/営業職)

・「仕事で疲れたときや帰り道カップルを見たとき」(24歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

仕事で疲れたときに思い出すのは彼女の顔。自分にとって彼女の存在が癒しのようになっている男性にとっては、仕事でひと息ついたときに彼女の笑顔が見られるだけで元気をもらえるのでしょうね。

■似た人を見かけたとき

・「似たような人を偶然街中で見かけたとき」(39歳/その他/販売職・サービス系)

・「同じ香水の香りを街中で嗅いだとき」(37歳/生保・損保/営業職)

街中ですれちがった女性が彼女に似ていた、同じ香りの香水をつけていた。視覚や嗅覚を刺激されることで彼女を思い出すという人もいるようです。香りで思い出してもらえる女性というのもイメージ的に素敵な気がしますね。

■ひとりでいることを感じたとき

・「ひとりぼっちであることに気づいたとき」(38歳/学校・教育関連/専門職)

・「ひとり暮らしで風邪をひいて寝込んでいるとき」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

こんなときに彼女がいてくれたらと思うのは、ひとりでいることを強く感じた瞬間。特に病気で体も気持ちも弱っているときには、彼女が側にいてくれたらいいのにと思う男性は多いかもしれませんね。

■思い出の場所を通ったとき

・「付き合いはじめたときによく遊びに行った街へ訪れるとそのときの行動や思い出を思い出す」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「デートなどで訪れた場所の近くを通ったとき」(24歳/建設・土木/技術職)

彼女とデートで行った場所などを通りかかったときに、楽しかったデートの思い出とともに彼女の顔が浮かんでくるという男性も。付き合いが長くなればなるほど彼女を思い出す場所も増えそうですね。

■つらいことがあったとき

・「つらいことがあったときふと思い出し会いたくなる」(36歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「精神的に追い込まれたとき」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

つらいことがあったときは彼女のやさしさに触れたい、思いっきり甘やかしてもらいたいと思う男性も多いかも。普段は男性らしく強気に振る舞っている男性でも、落ち込んだときには彼女に慰めてもらいたいのでしょうね。

■まとめ

彼女の好きな食べ物、彼女と行った場所などをきっかけに彼女のことを思い出す。デートでしょっちゅう会っていたとしてもふとした瞬間に彼女の顔が浮かぶことは少なくないようですね。というのも、男性自身の思い出の中に彼女と過ごした時間がしっかりと刻み込まれている証拠。落ち込んだときにもうれしいときにも、一番に浮かんでくるのが彼女の顔というのは女性にとってもうれしいことですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月30日~2016年12月1日
調査人数:390人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]