お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

「俺の家に来たがってるな……」と男性が女性に感じる瞬間・5選

ファナティック

男性はもちろんのこと、女性のほうでも「今夜だけでいいから遊びたい」と感じることはありますよね。積極的な人は自分からはっきり誘えるかもしれませんが、そうではない人は間接的にアピールするしかありません。男性から見て、この女性は今夜家に来たがってると感じるのはどんな瞬間でしょうか。

■お酒を勧めてくる

・「やたらと酒を勧めてくる人や体に触れてくる人」(25歳/その他/販売職・サービス系)

人との出会いを求めているときはお酒を飲んでいる場でのことが多いですよね。気になる異性がいたら、ついついお酒を勧めてしまいたくなるものです。そのほうが本音で話せるような気がしますし、男性の家に行くという目的もあるなら、酔っている相手のほうが自分も素直になれますよね。

■終電を気にしない

・「終電を気にするそぶりなし」(27歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「飲みの席で、わざと終電を逃すなどの行為」(35歳/機械・精密機器/技術職)

終電を逃しても帰る方法がまったくなくなるということではありませんが、それでも「帰りたくない」という意思表示にはなりますよね。帰りたくないと直接言いにくいときでも、終電の時間を黙っているということなら照れ屋な人でも簡単にできるはず。男性に意識してほしいときに挑戦しやすいテクニックです。

■ボディタッチが増える

・「お酒を飲んでボディタッチが多くなる」(35歳/情報・IT/事務系専門職)

・「やたらとスキンシップが多いとき」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ボディタッチやスキンシップは、彼への好意を伝えるとてもわかりやすい手段のひとつです。異性として意識している、興味を持っているということを伝えたいときには不自然にならない程度のボディタッチを会話の合間にしてみるのも良さそうですね。露骨にやりすぎて相手に不快感を与えないようにするのも大事です。

■ふたりで飲もうと誘われる

・「ふたりきりで飲みに誘われるとき。さらに雰囲気のいいバーだとそう思ってしまう。単に飲みたいなら居酒屋でもいいだろうに」(33歳/情報・IT/クリエイティブ職)

男女の仲として異性と親しくなるには、その場の雰囲気というのもとても重要になってきます。ふたりきりで飲むといっても、その場所がおしゃれなバーなのか騒がしい居酒屋なのかでニュアンスは大きく変わりますよね。気になる異性を雰囲気のあるすてきなバーへ誘ってみて、それを受けてくれるかどうかで相手が自分に興味を持ってくれているかどうか判断するのもいいですね。

■帰りたがらない

・「ご飯食べに行ったときに帰らないでと言われたとき」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「なかなか帰りたがらなくなってきたとき」(28歳/その他/その他)

「帰りたくない」と伝えることは、一番シンプルに相手との関係を望んでいると相手に伝えることでもあります。直接「帰らないで」「帰りたくない」と言われればどんな鈍い男性でも自分が求められていると気が付くはず。

■まとめ

自分から男性に対して今夜家に行きたいという気持ちを伝えることは気恥ずかしいと感じる女性も多いかもしれません。ですが実際には、男性は直接的なことをはっきり言われずとも女性の気持ちをくんでくれることがほとんどのようです。もし気になる異性がいる場合には、恥ずかしがらずに少しずつでもアプローチしてみるのが良さそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数199件(25歳~35歳の男性)

お役立ち情報[PR]