お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

気をつけろ!! 「二面性」がある女性の特徴・6つ

ファナティック

誰に対してもまったく同じ態度で接するのは難しいことですよね。職場での対応や友だちの前での態度、そして恋人の前での態度など、それぞれが少しずつちがっているのは当然のことです。ですが中には、その差がとても顕著な人もいますよね。二面性のある女性の特徴にはどんなものがあるか、男性のみなさんに意見を聞いてみました。

■男性の前と女性の前で態度が変わる

・「同性と異性に対する態度の露骨な違い」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「男と女の前で話し方や態度が違う」(35歳/情報・IT/事務系専門職)

これはよくあることですが、男性の前と女性の前では声のトーンや表情、話し方まですっかり変わってしまうという女性はやはり多いようです。もちろん計算してやっている人もいるでしょうが、好意を持たれたい男性の前ではかわいらしく、気の置けない友だちの前ではもっとラフになってしまうのはほとんど無意識のうちの変化のようにも思えます。

■仕事中とプライベートで差が激しい

・「人前では明るく敬語等で話すけれども、プライベートでだらしがなく朝起きるのも遅く家事もあまりしない」(34歳/その他/その他)

・「仕事と私生活の違い。仕事ではしっかりしているのに、自宅はゴミ部屋だったり」(26歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

勤務中はしっかりしていて仕事もよくできるけれど、家に帰るとどうにもだらしがない……という女性は、バリバリのキャリアウーマンに多そうですね。普段仕事を一生懸命がんばっている分、家では家事などをこなす余裕がなくなってしまうのでしょうか。だらしないのは嫌だという男性もいるかもしれませんが、大きなギャップが少しかわいくも感じられますね。

■お酒で変わる

・「酔ったときとしらふのギャップがすごい」(31歳/その他/その他)

アルコールは、普段は理性や常識で押さえつけがちな本音を表に出してくれることがあります。酔っ払うことによって理性がゆるみ、いつもは隠している本音をさらけ出してしまうのです。普段の様子とのギャップが激しい人は、その分いつも抑圧している物が大きいのかもしれません。

■彼の前でだけ変わる

・「好きな僕の前でだけいい子ぶること」(31歳/機械・精密機器/その他)

・「自分の友だちなんかがいるときには、テキパキと世話を焼いてくれるが、ふたりきりになると甘えてくる子」(30歳/商社・卸/営業職)

二面性というのは何も悪いことばかりではなく、「恋人が自分にだけ見せてくれるかわいい姿」も普段の様子と異なればその人のもうひとつの側面ということになります。普段はしっかりしていて、周囲に自分たち以外の人がいるときには彼の面倒も見てくれるけれど、ふたりになるとむしろ自分が甘える側という彼女の姿に彼もきっとときめいてくれることでしょう。

■リアルとSNSで様子がちがう

・「SNSに意味もなくいろいろ書く人」(33歳/情報・IT/技術職)

・「普段はかわいらしいのにSNSの投稿を見ると言葉遣いが荒い」(30歳/電機/技術職)

直接の知り合いには言いにくいこともSNSでなら言える、という人も多いですよね。実名で登録しているSNSでも匿名で登録しているSNSでも、口に出して話すより言いやすいことというのはいろいろあります。そのギャップが大きいと、男性としては女性の二面性を目の当たりにして少し引いてしまうのかもしれませんね。

■機嫌の良しあしで性格が大きく変わる

・「生理のときとか特にだが、機嫌が良い悪いがはっきり変わってる人」(26歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

普段はとても穏やかで優しい人なのに、一度怒るととても怖い……そんな人もいますよね。それが自分自身でコントロールできている怒りなら問題ないですが、当人も制御できないほどヒステリックになってしまったりすることもあります。いつも優しい女性のそんな姿を目にしてしまったらちょっと怖くなってしまいそうですね。

■まとめ

二面性というのは、必ずしも悪いことだけではありません。相手によって露骨に態度がちがうことに女性の怖さを感じる男性も多いようですが、自分にだけ見せてくれる一面は大事にしたいという人もいるでしょう。悪い意味での二面性ではなく、良い意味での二面性やギャップを持てるようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数199件(25歳~35歳の男性)

お役立ち情報[PR]