お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

グズグズすんなっ! 男性が彼女に「イラッとする」こと6つ

ファナティック

恋人と良好な関係を築くためには、ある程度の感情のコントロールが必要になります。ですがそれも行き過ぎるとストレスとなって二人の関係に暗い影を落としてしまうことも。今回は働く男性に、彼女に対して表面上は平静を装っていても実はイライラしていたことを教えてもらいました。

■逐一の行動チェックにイライラ

・「今日は何があったとか、何をしたとか根掘り葉掘り聞いてくる」(33歳/機械・精密機器/その他)

・「次のデートの日が決まってるところとか、休みの日に連絡しないと休みの日に何してたか聞かれることですかね」(35歳/医療・福祉/専門職)

会えないときの彼の行動が気になるのはわかりますが、彼には彼の過ごし方があります。すべてを把握しようとすると、彼の方も嫌気がさしてしまうかも。

■自分で決められないことにイライラ

・「優柔不断、自分勝手で周りのことを一切考えないとイライラするケースがある」(35歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「優柔不断なところ。ひとつ決めることにも時間がかかりすぎるところ」(39歳/ソフトウェア/技術職)

「どっちでもいい」「あなたが決めて」という言葉を嫌う男性も多いようです。たとえ彼の意見を尊重しているつもりでも、判断力がない女性だと思われてしまうかも。

■潔癖症にイライラ

・「なんでもきれいにしてしまうきれい好きなところ。自分のテリトリーまできれいにされると、自分の行動や予定を崩された感じがするから」(23歳/建設・土木/技術職)

・「自分はきれい好きではないので、掃除を手伝うとイライラする。そこまできれいにしなくてもいいじゃんと思ってしまう」(33歳/情報・IT/技術職)

自分の身の回りをきれいにするのは自由ですが、彼のプライベートな空間まで掃除することはやめた方がいいかもしれません。家じゅうをきれいにするのは結婚してからでも遅くないでしょう。

■トロい行動にイライラ

・「本当にたまーに、自分でやった方が早いだろってことをやってって言われたとき」(38歳/情報・IT/販売職・サービス系)

・「したくにグズグズして、予定の時間がずれること」(37歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

人任せにしたい気持ちも、準備に時間がかかることも、女性なら共感できるところもあるかもしれません。ですが男性からは「トロい」の一言で片づけられてしまいます。

■時間を守らない態度にイライラ

・「遅れる時間などの業務的な連絡が下手」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「時間にルーズなところ。10~15分の遅刻はしてもいいと鼻っから思っている点」(33歳/不動産/営業職)

女性は遅れても許されるという考えは捨てましょう。時間厳守は大人として当然のマナー。下手な言い訳は、さらに彼をイライラさせてしまいます。

■金銭感覚の違いにイライラ

・「勝手に多額のローンを組んでしまって、返済が大変なこと」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「金遣いが荒い人間だと、自分がケチな分そのギャップにイライラする」(25歳/建設・土木/営業職)

自分では当たり前のように感じている金銭感覚も、彼には異常だと思われているかも。付き合っているうちはまだしも、結婚となると彼の頭を悩ませてしまうかもしれません。

■まとめ

相手に対してのイライラが募っていけば、いずれは爆発してしまいます。普段から温厚で優しい彼だからといって、なんでも好き勝手にやっていいというわけではないことを肝に銘じておきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数195件(22歳~39歳の働く男性)

 

お役立ち情報[PR]