お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

嫉妬してるの? 「いつもとちがう!」と感じた彼とのキス・6つ

ファナティック

恋人同士のキスには、気分によってさまざまな「ちがい」が生まれます。楽しい気分のとき、ロマンチックな気分のとき、正直もう別れようかと思っているとき……キスにちがいを感じる方も多いことと思います。女性たちが、「いつもとちがう……!」と感じる瞬間について、彼とのキスエピソードを具体的に教えてもらいました。

■気持ちが高ぶっているとき

・「いつもやさしい感じなのに激しいキスを求めてきた。初めて積極的にせまられた」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「激しいものであったとき、ドキドキしてしまった」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「濃厚にしてくる。きっとその次の段階に持って行きたいのだろう」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

キスは恋人同士のコミュニケーションです。特に相手の欲望は、赤裸々に伝えやすいのかもしれませんね。女性側の気の持ちようによっては、ドキドキしたりちょっと戸惑ってしまったり……! キスで返事をしてみてはいかがでしょうか。

■気分が乗らないとき

・「嫌々されたとき。なんとなく雰囲気でわかる」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「雑に終わらせてしまう。どうでもいいのか嫌なのかなと思うから」(31歳/情報・IT/技術職)

上とは反対に、こちらは普段よりも「やる気のなさ」を感じてしまった女性たちです。こんな「ちがい」が「普通」になってしまったら……二人の関係を見直すべき時期に差し掛かっているのかもしれません。

■久しぶりのキス

・「久々に会った彼とのキスが激しかった」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「久しぶりに会えたときは、いつもより激しくする」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

二人の気持ちを文句なしで高めてくれるのは、「会えない時間」です。久しぶりにするキスは、きっと格別なもの。キスにマンネリ感が漂い始めたら、あえて二人の距離を置き、久しぶりのキスで「ちがい」を堪能するのもアリかもしれませんね。

■嫉妬したとき

・「いつもはていねいにゆっくりしてくれるのに、男友だちと遊んだ後などは荒々しく激しくなる。嫉妬してるのかなと思う」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

彼の嫉妬がダイレクトに伝わってくるようなキスも、女性たちの心を動かすよう。彼女のほうからも、キスへの反応に「ちがい」を出すことで、彼への思いを伝えられるのかもしれませんね。

■ケンカのあとのキス

・「言い合いになってしまい、出ていこうとして、そのあと仲直りをしたとき」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ケンカのあとに、一応仲直りをしてキスをしたとき、いつもよりもそっけない感じがした。まだ怒ってるんだなと思った」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

こちらも、彼の感情を赤裸々に伝えてくれるキスと言えるでしょう。ケンカの後に、彼が本当はどう思っているのか知りたい!と思ったら、ぜひキスをしてみて。普段との「ちがい」から、彼の心を敏感にキャッチしてください。

■キスからわかる彼のホンネ……?

・「いつもよりあっさりしたキスをされて、なんか変だなと思っていたら、あとで彼が浮気していたのがわかって、だから気持ちの入ってないキスをしてたんだと感じたことがあったから」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

恋人同士のキスは、時にこんな秘密まで暴露してしまうようです。「いつもとちがう」と感じたら、それは女性としてのカンが働いている証拠かも……!? 彼の言動を注視してみてはいかがでしょうか。

■まとめ

キスに「ちがい」が表れるのは、二人の感情に揺れが生じたときだと言えそうですね。キスから伝わる感情は、ダイレクトに心の中に響くもの。彼の気持ちをしっかりと受け止めてみてください。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月15日~2016年11月28日
調査人数:103人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]