お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「彼氏・夫」の浮気は、「彼女・奥さん」にも責任がある⇒女子36.4%がYESと回答!

ファナティック

おら彼氏彼女の関係、そして夫と妻の関係にひびを入れるのが、浮気に関する問題です。「これをされたら一発でアウト!」と決めている女性も多いのかもしれませんね。できれば避けたいところです。パートナーとの平和を守るため、気のなるのが「浮気の原因」についてなのですが……「浮気された側にも原因がある!」という説について、あなたはどう思う? 女性たちの意見を、アンケートで調査しました。

Q.彼氏・夫が浮気した場合、浮気された彼女・妻にも責任や原因があることが多いと思いますか?

「はい」……36.4%
「いいえ」……63.6%

「いいえ」と答えた女性のほうが多いものの、「はい」と答えたほうの割合が3割以上という結果になりました。早速「はい」「いいえ」、それぞれの理由も紹介していきます。

<彼氏や夫が浮気した場合、浮気された彼女・妻側にも責任や原因があることが多いと思う女性たちの意見>

■不満を抱かせたのは?

・「相手をぞんざいに扱いすぎたとか、レスとか理由があることは多い」(24歳/小売店/事務系専門職)

・「場合によってはあると思う。いつも色々言われてばかりで息苦しい生活をしていたら他の人に目が行くのも分かるから」(28歳/医療・福祉/専門職)

彼氏や夫が浮気に走る裏には、パートナーに対する不満が隠れていることも多いものです。不満を抱かせたのは誰かという視点で見るなら、やはり「彼女」や「妻」ということになるのでしょうか。浮気する側にも、辛い気持ちがあるのかもしれませんね。

■努力を怠った結果

・「浮気された方がもっと自分を磨いていれば、浮気に走ったりしないものだから」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

・「興味を持てなくなった原因があると思うから」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

恋人関係・夫婦関係になったからと言って、異性は異性。付き合う前のような初々しい気持ちで、努力を継続するべきなのでしょう。とはいえ「いったいどこまで頑張れば……?」なんて、不安に駆られる方も多そうです。

では次に、多数派意見も紹介します。

<彼氏や夫が浮気した場合、浮気された彼女・妻側にも責任や原因があることが多いとは思わない女性たちの意見>

■自己責任

・「不倫や浮気そのものが悪いことだから、やった本人が責任を取るべきで交際相手(浮気相手でない)は関係ない」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「完全に自分の意思でしたことだから」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

どんな状況の中でも、「浮気する人」もいれば「浮気しない人」もいます。最終的に決断を下すのは、自分自身です。自分の決断で浮気をした以上、その後始末まで、自己責任でお願いしたいところです。

■たとえ不満があったとしても

・「相手に何か不満があって他の女性に走るなら、別れてからにしたらいい」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「浮気をするほうが悪いから。浮気するくらいなら今ある関係をなくしてから他へ行けばいいと思う」(32歳/医療・福祉/事務系専門職)

どれだけ好きでも、しょせんは他人同士ですから、不満に思うことがあるのは当たり前。だからといって浮気に走るのは、誠意が無いように思えてしまいます。他の人がいいなら、別れてから付き合うべき! こんな言い分に納得できる方も多いのでは?

■浮気癖

・「浮気が好きな人もいるから」(34歳/食品・飲料/技術職)

・「浮気性の人は彼女が変わっても、何度も浮気を繰り返すから」(31歳/その他/その他)

・「妊娠中だろうと男性は浮気するから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

様々な男性を見ていると、浮気が癖になっている方もいますよね。こんな男性が相手の場合、必死で頑張り続けても、徒労に終わる可能性も大……! 「こういう人なんだ」とスッパリ諦めて、次へ行ったほうが良さそうです。

まとめ

浮気されて傷ついている女性にとって、「自分にも責任がある」と考えるのは非常に辛いことだと思います。しかし、「これから先、同じことを繰り返さないために」という視点で考えるなら、「はい」と答えた女性たちの意見にも納得できるポイントは多くあるはず。実際に浮気をされてしまったあとに、「どちらが悪い」と罪のなすりつけ合いをするのではなく、「浮気されないための努力」を常に忘れないことで、お互いを思いやれる素敵なカップルになれるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数118件(22歳~38歳の働く女性)

※この記事は2016年11月28日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE