お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

結婚するなら「年上男子」or「年下男子」?

ファナティック

どんな人でも、理想の結婚相手のビジョンはなんとなく持っているものですよね。重要なポイントのひとつが、相手の年齢。女性のみなさんに、結婚するなら「年上男子」と「年下男子」のどちらがいいか聞いてみました。

Q.結婚相手にするなら「年上男子」と「年下男子」どちらがいいですか?

年上男子……80.0%

年下男子……20.0%

結婚するなら年上男子のほうがいい、という回答が多いようですが、年下男子が理想だという女性も少なからずいることがわかります。それぞれを選んだ理由も聞いてみましょう。

<「年上男子」派の意見>

■経済的に安心

・「貯金もたくさんありそうだし、収入もそれなりにありそうなので、安定した結婚生活が送れそうだから」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「経済面で助けになってくれそうだから」(24歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

年上の男性なら、自分よりも社会人経験年数が多いので、収入も多いことが予想できます。結婚すればいずれは子育ても視野に入れた生活となるわけですが、そんなときにもお金に余裕があれば安心した結婚生活が送れそうですね。

■この人についていこうと思える

・「わからないことがあっても、いろんなことを引っ張ってくれるので安心できるから」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「信頼してついていこうと思えるから」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

結婚すればもう2人は家族。楽しいことはもちろんですが、いろいろな困難も2人で力を合わせて乗り越えていかなければいけません。困ったときにもしっかり引っ張ってくれて、この人についていけば間違いないと思わせてくれるのは、年上男子かもしれませんね。

■結婚後も大事にしてくれそう

・「結婚後も大事にしてもらえそうなので」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「結婚後も優しく愛情いっぱいに接してくれそうだから」(25歳/その他/専門職)

年下の男性だと、結婚したあとで別の自分より若い女性に目移りしてしまうかも、という不安があります。その点年上の男性なら、年下の自分をずっと大切にしてくれそうですね。

<「年下男子」派の意見>

■自分よりも長生きしてくれそう

・「若いし、長生きするしいいと思います」(30歳/小売店/専門職)

・「自分より長生きしてくれそうだから」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

結婚するということは、そのあとの人生をともにするということ。結婚相手が自分より年上だと、いつか来る別れのときには自分が取り残されるかも、という不安が残りますよね。自分より年下の男性なら、その不安はある程度解消されそうです。

■体力がありそう

・「体力があるに越したことはないから」(25歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「力や若さがあるのでなんでも頼りやすい。頼もしい」(33歳/不動産/事務系専門職)

年齢とともに衰えていく体力。だけど年下男子なら、若さゆえに体力があり余っていそうなイメージです。子どもが生まれてからの遊び相手や家族旅行など、元気な年下男子に頼りたくなる場面も多いはずです。

■年下ゆえの素直さも魅力

・「変なプライドを持っていないのでいい」(32歳/機械・精密機器/事務系専門職)

結婚すれば、それまでは気にならなかった相手の嫌な部分も見えてくるでしょうし、これまで以上にお互い我慢したり許し合ったりしなければ、毎日の生活を円滑に送ることはできません。プライドや頑固さで思考が凝り固まっていない年下男子のほうが、一緒に暮らしやすいかもしれませんね。

<まとめ>

結婚生活にどんなことを求めるかで、年上の男性がいいか年下の男性がいいかの意見は変わります。結婚後すぐの生活を重視する女性は「年上男子」、将来を見据えた長いスパンでの結婚生活を考える女性は年下男子を選択することが多いようですね。あなたはどちらと結婚したいと思いますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月14日~10月20日
調査人数:106人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]