お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

バレてない!? 夫が妻についた「とんでもない嘘」5つ

ファナティック

恋人とどうしても結婚したい、あるいは結婚生活を続けたいと思う場合、隠しごとがあったとしても、そのまま黙って相手に伝えないこともあるのではないでしょうか。今回は、既婚男性に、妻についてしまった「とんでもない嘘」を教えてもらいました。

女性と遊んでいる

・「女性と遊んだのに仕事とごまかしている」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

・「女性と飲んだり遊んだりしていること」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

ほかの女性と遊んでいることなんて、口が裂けても言えないもの。バレたら離婚騒動にまで発展しそうです。妻としては心が痛いところですが……。

会社をズル休みした

・「会社を早退したが、直帰せず図書館で本を読んでいた」(39歳/生保・損保/技術職)

・「たまに会社をズル休みしていたことはあるけど、黙っている」(37歳/情報・IT/技術職)

何となくやる気がないときに、会社をズル休みしたくなる気分になることがあるのでしょうか。妻に言うと心配をかけてしまうので、あえて嘘をついているのかもしれませんね。

貯金額

・「独身時代の貯金額をごまかしたこと」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「貯金が100万円以上あると嘘をついた」(34歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

本当は貯金もできていないのに、つい見栄を張ってしまった男性もいるようです。嘘をついてまで、彼女と結婚したかったということかもしれませんね。

お金を借りている

・「実は借金があったなど、お金にまつわること」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「消費者金融でお金を借りた」(38歳/医療・福祉/事務系専門職)

妻に隠れて借金をしている場合、なかなか言い出せないのかもしれませんね。怒られることは目に見えていますものね。

浮気

・「浮気をしてしまったのにしてないと言い張る」(34歳/運輸・倉庫/その他)

・「浮気をしていることに対して、友だちとご飯を食べに行っただけだと嘘をついたこと」(38歳/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)

浮気をしていることがバレてしまうと、まず結婚自体、無理になってしまうのでは。何が何でもバレないように、していないと嘘を言い張ったのでしょうね。

まとめ

パートナーにバレてしまうことで、結婚生活が送れなくなるかもしれないと思い、つい嘘をついてしまった男性が多そうです。女性の立場からすると、騙されたと思ってしまうようなこともあります……。とんでもない嘘をつかれていないか、女性としては見極めることが大事ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月7日~11月8日
調査人数:156人(22歳~39歳の既婚男性)

お役立ち情報[PR]