お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

そんな王子様いるかっ!! 結婚できない女性の「旦那の条件」が驚きだった!

ファナティック

結婚相手を探す際に、自分の「理想」を持つことは大切なこと。しかし一方で「理想が高すぎる!」と、いつまで経ってもぴったりの相手とめぐり会えず、婚期を逃してしまう可能性も。女性たちが「それは理想が高い!」と思う、独身女性の夢見る夫の条件について聞いてみました。

年収1,000万円

・「年収1,000万円以上。そうそういないと思う」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「年収1,000万以上。よく聞くけど、若い独身者で1,000万稼いでいる人とは普通出会えません」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

「年収600万」でも望みすぎ! と言われる状況の中、この希望年収は……。「現実が見えていない」と言われても仕方がないかもしれません。

稼ぐ職業

・「医師・弁護士。高スペックの男性を落としたいなら、自分もそうならないと釣り合わないし、振り向いてもらえない」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

・「お金持ちで医者がいいと言っているが、本当に幸せになれるのか」(24歳/医療・福祉/専門職)

職業を聞いただけで「ハイスペック男性」とわかる場合、容姿や内面が「そこそこ」でも女性人気は抜群です。ほかの部分に思い切り目をつぶるか、それとも「選んでもらえる自分」へと成長するのか……。どちらにしても難しい問題です。

専業主婦を容認

・「専業主婦をさせてくれること。今の時代、そんなに稼いでいる男性はもう結婚していると思うので」(32歳/学校・教育関連/その他)

・「高給取りで、そこそこの顔で専業主婦をさせてくれる」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

専業主婦を養うためには、やはりそれなりの年収が必要ですし、男としての度量も必要となります。「専業主婦希望!」と言葉にするのは簡単ですが、実はそのひと言が「この子はないな」と思われている原因なのかもしれませんね。

家事をしてくれる

・「仕事もできて家事も手伝ってくれる」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「料理ができる、めったにいないと思うので」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

男としてバリバリ仕事をしてほしい! と願う女子は多いはず。その一方で、家事もどんどんやってほしい! と思うのは、共働きなら当然かもしれませんね。しかし最初から高いハードルを突きつけられると、やる気をなくす男性も多数。まずはできることから、少しずつ育てていくしかないのかも!?

ミスターパーフェクト!

・「背が高く、美形で収入が高く、束縛しなく言いなりになってくれる人。それを望んでいる女性がまわりに多い」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「イケメンで、背が高くて歯並びがよくて、仕事もできて、少年野球の監督をやりそうな人がいいと言っている女友だちは、まったく彼氏ができてない」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「彼氏ができたことがない友だちが、旦那に求める条件10カ条を定めていて、あまりの理想の高さに苦笑いしかできませんでした」(24歳/金融・証券/営業職)

「いや、そんなに理想高くないんだけど~」なんて言いながら、次から次へと条件を挙げていく独身女性。あなたの周囲にも、きっとひとりはいるのではないでしょうか。自分についても冷静に振り返りつつ、妥協できる点を探るのがオススメですよ。

まとめ

理想を持つことは大切なこと。しかし「結婚してもいいかな?」と思える人が現れたときに、「理想」ばかりにこだわりすぎるのも考え物です。たとえ「今」が理想通りだったとしても、「10年先」はどうなるかわかりません。末永く幸せな関係を築いていきたい「結婚生活」だからこそ、今は理想と異なっていても、相手の「将来」に期待するのもありかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月10日~11月21日
調査人数:106人(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2016年11月22日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE