お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

あー、この匂いこの匂い……。ふと彼の匂いをかぎたくなる瞬間6つ!

ファナティック

においをかぐと記憶が呼び起こされますよね。たとえばおいしそうなにおいなら、においをかぐだけで食欲が出ます。では、彼のにおいをかぎたくなるのはどんなときですか? 女性のみなさんに聞いてみましょう。

夜眠れないとき

・「夜眠れないとき。彼のとなりにいると眠れないことはほとんどないから、彼のにおいをかいで安心したい」(27歳/医療・福祉/専門職)
・「夜布団に入ったとき。彼のにおいがすればなと思います」(30歳/医療・福祉/専門職)

彼がいれば同じ布団で寝ることもあるでしょう。そのたびに安心したり、よく眠れているようなら、一人でいるときでも彼のにおいをかぐだけで安眠できるかもしれませんね。優しいにおいです。

お風呂上がりのとき

・「シャンプーのいいにおいをかいだとき」(26歳/建設・土木/事務系専門職)
・「お風呂上がり。におい自体は苦手だけど、お風呂上がりのいいにおいはかぎたくなる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

お風呂上がりの彼から漂ってくる、清潔感のあるにおい。普段は彼の体臭が苦手な彼女でも、お風呂上がりのにおいならもっとかいでいたいと思うこともあるのではないでしょうか。

一人で家にいるとき

・「一人で家にいて寂しいなと思うとき。彼氏のにおいをかいで寂しさを紛らわせたいと思うから」(29歳/ソフトウェア/技術職)
・「一人で寂しく部屋にいるときにふとかぎたくなる」(25歳/その他/専門職)

彼がいるのに、一人で家にいるのが理不尽に感じるときもありますよね。寂しいと思ったときに、彼のにおいのする何かが部屋の中にあれば、気を紛らわせることができそうですね。

仕事が終わったとき

・「金曜日の仕事帰り。一週間が終わりホッとしているときに、彼のにおいをかいで安心したい」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「仕事で失敗したり、疲れていたり、体調を崩しているとき。人肌が恋しくなるから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

一仕事終えると、疲労や達成感があります。せっかく自由な時間になったのだから、彼に会って安心させてもらったり褒めてもらったりしたいと思うのは、自然な気持ちでしょう。

なかなか会えないとき

・「ずっと会えなくて、寂しくなった夜」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「仕事で忙しくて会えないとき。においをかいだら安心するから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

彼に会えないと寂しいですよね。仕事などさまざまな事情があって会えないのだとわかっていても、寂しいものは寂しいです。そんなときは、においでいいからかぎたいものですね。

お酒を飲んだとき

・「お酒を飲んだり、寂しくなるとかぎたくなります」(29歳/医療・福祉/専門職)
・「アルコールを飲んでいてさらに人肌が恋しいとき」(29歳/ソフトウェア/技術職)

お酒を飲むと、急に寂しくなってしまうことも。アルコールの作用で、いつもとはちがう気持ちになるのかもしれませんね。彼と会えるときに、たくさんにおいをかいでおきたいですね。

まとめ

目には見えないけれど、その人や物のことを思い出させてくれるにおい。普段は意識しなくても、彼のにおいだけでもいいからかぎたいときもありますよね。みなさんはどんなときに彼のにおいをかぎたいと思うでしょうか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数131件(22~34歳の働く女性)

※この記事は2016年11月17日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE