お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

こんな男に気をつけろ! 「遊び人男性」の特徴・6選

ファナティック

好きになってしまうといろいろと振り回されて後悔することもありそうな遊び人の男。最初にしっかりと見抜く目を持っていれば、失敗することもなさそうですよね。今回は、同性である男性たちの目から見た「遊んでそうな男性」の特徴について聞いてみました。

女性に見境なく声をかける

・「女の子に見境なく声をかけているような人」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「女性を見ると、すぐに話しかけ、LINE交換→次回会う約束を取り付けている男性。お盛んなんだなと思う」(32歳/情報・IT/技術職)

女性なら誰でもOKとばかりに見境なく声をかける。その手慣れた雰囲気が遊んでいると思われる理由かも。奥手な男性なら女性に連絡先を聞くことすらできなくてモジモジしてしまいそうですもんね。

女性のツボをおさえている

・「いろんなお店や、はやりを知ってる。女の子と行く為、話のネタに困らない為にいつも情報を集めてるイメージがある」(27歳/食品・飲料/その他)

・「女性が喜びそうなことをわかっているとき」(30歳/機械・精密機器/技術職)

女性が喜びそうなデートスポットに詳しかったり、女性のエスコートが上手だったり。女性を喜ばせるためにはどうすれば良いのか知り尽くしているのも今までの経験があってこそ。一緒にいると楽しいかもしれませんが、付き合うと浮気が心配なタイプですね。

毎晩のように飲みに行く

・「毎晩のように飲みに行っている人。出合いも多くて、遊ぶチャンスも多そう」(28歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「酒が強い男性。酒を飲む目的でなく、繁華街に繰り出していそう」(29歳/その他/その他)

お酒を飲みに行く機会が多い男性は女性との出会いも多そう。そもそもそれを目的に飲み会に参加しているという人もいるかもしれませんよね。単なるお酒好きならまだしも、お酒よりも女性好きという男性は止めておいた方が無難かも。

見た目が派手

・「見た目が派手。目立とうとしているのが見えるから」(29歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「チャラ男。見た目もしゃべりかたも。あとは日サロとか行ってそうなやつ」(29歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

女性が男性の目を引くためにおしゃれをするのと同様、男性も女性の目を引くためにおしゃれをするもの。チャラ男と言ってよいほど外見が派手な男性は、同性から見ても女性ウケを狙っているとしか思えないようですね。

ノリが軽い

・「ノリがすごい軽いやつ。特にすぐ女性に話を合わせたがるやつ」(30歳/自動車関連/技術職)

・「常にノリが軽く適当な会話ができる人」(34歳/その他/販売職・サービス系)

女性の話に適当にあいづちを打って会話を進めることができたり、女性の話にやたらと同調したり。ノリが軽くて離しやすい相手ではあるものの、本音が見えないという点では信用できないタイプかもしれませんね。

女性関係を自慢する

・「過去の女性経験を吹聴するような男性」(35歳/金融・証券/専門職)

・「遊んだことの自慢話がやたら多い。うんざりする」(33歳/その他/事務系専門職)

彼女自慢ならほほ笑ましい気もするけれど、過去に関係を持った女性のことを武勇伝のように語る男性というのは品がないですよね。男性同士であってもそういう話を聞かされるとウンザリ。ただの女好きとしか思えないようですね。

まとめ

男から見ても単なる「遊び人」。女性のことを大事にしているようには思えない男性というのは少なくないようですね。女性に対して誠実さがない男性というのは、まわりから見ていても軽い男としか思えないようです。気になる女性にアプローチしたくなる気持ちは理解できても、見境なしでは男性からもブーイング。こういうタイプの男性を寄せ付けないように注意したいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数199件(25歳~35歳の働く未婚男性)

※この記事は2016年11月16日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE