お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ぎょえええ……! 結婚後に妻がぶち当たった「辛~い壁」6つ

ファナティック

結婚をすると、これまで想像していた結婚生活のイメージとは違い、なにかしらの壁にぶちあたることもあります。何とか夫婦で協力をして乗り越えられるものもあれば、簡単には解決できないようなこともあるでしょう。既婚女性が体感した、結婚後の壁についてアンケート調査をしてみました。

生活習慣の違い

・「生活習慣の違いを感じたときです」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「これまでの生活習慣や考えの違いでイライラすることが多かった」(33歳/その他/その他)

それぞれ違う環境で育ってきた者同士が結婚するため、生活習慣の違いはあって当然なのですが、それをどう受け止めるのか悩む人はたくさんいます。注意すべきか受け入れるべきかでイライラしてしまうのでしょう。

相手の家族や親戚との付き合い方

・「お互いの家族、親戚の付き合い方など、似ているところもあるが違うところも多いのでしんどいです」(37歳/その他/その他)

・「価値観の違い。相手の家族との付き合いが大変」(34歳/小売店/その他)

それぞれの実家の習慣の違いや考え方の違いなど、気を遣ったりすることも増えますよね。こうした気苦労や、行事ごとでの対応などでどうしてよいかわからなくなるという方もいるようです。

子どもがなかなか授からなかったとき

・「子どもがなかなか授からずに、親戚にイヤミを言われたとき」(31歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

・「子どもがほしかったのに、なかなか子どもができなかったとき」(38歳/その他/その他)

結婚をしてすぐにでも子どもがほしいと考えていた場合であっても、すぐにできるとは限りません。なかなか授かることができず悩んでしまうなど、こうした壁にぶつかる夫婦は思いのほか多いようです。

借金問題

・「ギャンブルで借金があったので、それをどう返したらよいか工面するのが大変だった」(34歳/その他/その他)

・「旦那の借金があったこと。今は完済したがつらかった」(30歳/医療・福祉/専門職)

借金があると貯金ができないだけではなく、家計を圧迫することにもなりかねないため、生活が苦しくなってしまいがちです。こうした借金による壁を経験している人もたくさんいます。

家事と仕事、育児の両立

・「家事と仕事の両立、幼稚園での行事や役員のこと」(37歳/その他/事務系専門職)

・「仕事と家事の両立はこんなにも大変だったのかということ。母親を見て特に何とも感じなかった自分が悔しい」(38歳/医療・福祉/専門職)

結婚後も仕事を続ける女性や、出産後に働く女性はたくさんいます。しかし、時間のやりくりが非常に大変で、あまりの時間のなさにくじけそうになる人も多くいるようです。

価値観の違いや性格の不一致

・「育ってきた環境のせいか、考え方が違いすぎた」(39歳/その他/その他)

・「とにかく性格がお互い合わないこと」(31歳/食品・飲料/その他)

結婚をすると、なぜか付き合っている最中には気が付かなかった価値観の違いや性格の不一致などが、どっと浮き彫りとなることがあるようです。こうした違いがあまりにも大きすぎて、どうしてよいかわからなくなるといった夫婦もあるようです。

まとめ

夫婦となったからこそ見えてくる困難や壁というものは、数えきれないほどたくさんあるようです。どちらかの問題である場合もありますが、親など周囲が関係してくる問題や壁も多く、当人だけでは解決できない事も少なくありません。上手く乗り越えるのか、違った視点でやり過ごすのかなどそれぞれ夫婦でしっかりと話し合って進むことが大切になりそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月8日~11月9日
調査人数:209人(22歳~39歳の女性)

※この記事は2016年11月16日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE