お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

結婚なんてムリ! 「親に紹介したくない」彼女の特徴・6つ

ファナティック

どんなに大好きな男性でも、無職だったり、礼儀をわきまえていない人だと、「親には会わせられないな」と思いますよね。男性も同じように、彼女のことを「親に紹介したくない」と思うことがあるようです。ではどんな女性に対してそう思うのか、その特徴について社会人男性に聞いてみました!

見た目が派手

・「茶髪にピアスなど容姿が派手な人は紹介したくない」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

・「いい年して金髪や明るすぎる茶髪など落ち着きのない人」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

髪の毛が明るめの茶髪や金髪だったり、ピアスの数が多いと「付き合うのはいいけど……」と思われるよう。男性の両親にいい印象を与えるためには、ちょっと地味なくらいが無難かもしれませんね。

あいさつができない

・「あいさつができない。気づかいができない」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「あいさつができなくて、空気の読めない女性」(39歳/警備・メンテナンス/その他)

あいさつは社会人としての最低限のマナー。それがきちんとできないとなると、男性の両親に紹介してもらうのは難しそうです。男性の友だちに会ったときなど、きちんとあいさつできるところを見せたほうがよさそうですね。

敬語が使えない

・「尊敬語はおろか丁寧語すらも話せない女性」(39歳/学校・教育関連/その他)

・「敬語が使えない。ときと場合によって言葉を選んでほしい」(38歳/医療・福祉/営業職)

あいさつと同じく、敬語も大事なマナーですよね。恋人と話すときは気にしなくてもいいですが、両親は目上の人なので敬語が使えないのは致命的。せめて丁寧語は使えるようにマスターしておきたいですね。

言葉づかいが悪い

・「言葉づかいが下品で乱暴だと紹介しづらい」(39歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「言葉づかいが悪いことやTPOに合わせた行動が取れない女性」(30歳/小売店/営業職)

言葉づかいがギャルっぽかったり男っぽかったり、乱暴なのもNGのようです。言葉づかいが悪いと下品で子どもっぽく見えてしまうので、普段から意識してTPOに合わせた言葉づかいを心がけたいですね。

食べ方が汚い

・「礼儀がない人、箸の持ち方が汚い人」(24歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「行儀が悪い。食べ方が汚かったりすると親には会わせたくなくなる」(30歳/情報・IT/技術職)

「男性の両親と会って食事する」という場面を考えたとき、食べ方が汚い彼女だと男性が恥ずかしい思いをしてしまいます。箸の持ち方や食べ方など、最低限の食事のマナーはおさえておきたいポイントですね。

清潔感がない

・「不潔な女性。また、部屋も散らかっていて、落ち着きもない」(31歳/その他/その他)

・「汚い。親はやっぱり見た目も気にするから。そういう気づかいはほしい」(39歳/食品・飲料/営業職)

派手すぎる見た目はNGですが、髪がボサボサだったり、身なりにあまり気をつかわないのも清潔感がないのでNGですよね。清潔感は男性の親も気にするところなので、身だしなみは常にととのえておきたいですね。

まとめ

男性が「親に紹介したくない」と思う彼女の特徴として、外見から言葉づかい、食べ方などが挙げられました。どれも逆の立場で考えてみれば、こんな特徴を持った男性は両親に紹介できないですよね。男性に「親に紹介したいな」と思われるためにも、ぜひこれらの貴重な意見を参考にしてみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月18日~10月19日
調査人数:284人(22歳~39歳の男性)

※この記事は2016年11月15日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE