お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マジやべえ……! 「この女にはかなわねえー」と思った経験・6つ 

ファナティック

歯が立たないとか、勝てる気がしない人っていますよね。女性に対して、「この女にはかなわねえー」と思った経験のある男性も多いのではないでしょうか。そこで今回はどのようなことをされたときにそう思うのか、社会人男性に聞いてみました!

頭がよすぎた

・「頭の切れ味がよく、すぐに返事を切り返してくる人」(38歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「頭がよすぎて、勉強では負けていた」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

頭のいい女性のことは純粋に尊敬できますよね。日常で女性の頭のよさを感じるシーンといえば、勉強や会話中のリアクション。あなたも、ひそかに男性から尊敬されているかも。

うそがバレる

・「うそをつくとすぐに見破られてしまうこと。目線やちょっとした体の動きで、簡単に見抜けるらしい」(27歳/金属・鉄鋼・化学/販売職・サービス系)

・「デート代が足りなくなったのを隠していたのを見破られて、今日は私がおごると言われたとき」(38歳/機械・精密機器/技術職)

なぜかうそがバレやすい男性はいないでしょうか。とはいえ、うそはうそ。うそをついてもちゃんと隠したつもりなのにバレていたら、この女性にはかなわないなと感心してしまいそうです。

許してくれた

・「浮気をしても、すべてを許してくれた女」(38歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「すべてに対して寛容な女性にはかなわない」(38歳/マスコミ・広告/営業職)

人に迷惑をかけたときは、穴があったら入りたい気持ちになりますよね。後からひどいことをされても当然な場面でも許してくれる女性になら、一生ついていきたくなるようです。

好きなものがわかる

・「こちらが食べたいものが用意されていたこと」(28歳/情報・IT/技術職)

・「自分の好きなポイントを押さえていて、駆け引きがうまい」(29歳/医療・福祉/事務系専門職)

自分の好きなものをわかってくれている人は少ないですよね。食べたいと口に出してないのに、彼女が自分のために好物を並べてくれたとき、男性の多くは感動するのかもしれません。

うそをつかれてしまった

・「うそを堂々とつく。虚言癖な女。うそをついていることすら気づいていない」(36歳/建設・土木/技術職)

・「うそがバレても、へっちゃらなタイプの人」(28歳/建設・土木/技術職)

うそを駆け引きの材料として使う女性も。相手がそういうタイプのイジワルをするとは思ってもいない男性にとっては未知の存在ですので、恐ろしいと思うかもしれません。

口げんかで勝てない

・「口げんかがめっぽう強い女性にはかなわない」(34歳/情報・IT/技術職)

・「口げんかしても気がつくと負けてしまう」(29歳/医療・福祉/専門職)

女性と口げんかしたとき、男性の勝率はどのくらいでしょうか。なかなか勝てないという人は少なくなさそうですね。手出し厳禁のけんかにおいては、口が立つほうが有利なようです。

まとめ

男性が「この女にはかなわねー」と思った瞬間について、さまざまなエピソードが寄せられました。男性が女性に打ち負かされるシーンは、時に痛快ですよね。というのも、男女とも、お互いにとてもかなわない部分があるからなのかも。いい意味でかなわないと思ったところは、自分の武器として取り入れていくといいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月2日~11月3日
調査人数:403人(22歳~39歳の男性)

※この記事は2016年11月15日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE