お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな男の過去のコイバナを聞きたくない3つの理由!

ファナティック

気になっている男性や意中の彼のことは、いろいろ知りたいという女性も少なくありません。しかし、過去の恋愛話となると、聞くか聞かないかで大きく意見が分かれるようです。実際、どれくらいの割合で意見が分かれるのでしょうか? その理由も合わせて、働く女性にアンケートをしてみました。

Q.気になる男性の過去の恋愛話を聞くほうですか?

聞く……36.4%
聞かない……63.6%

半数以上の女性が、意中の男性の過去の恋愛話を聞かないと答えました。では、聞くという方と聞かないという方、それぞれどのような理由でそう答えたのかについても、見ていきましょう。

<聞くと答えた女性の意見>

■どんな恋愛をしてきたのか単純に興味があるから

・「どのような恋愛をしてきたのか興味があるので」(28歳/情報・IT/事務系専門職)
・「どういう恋愛をしてきたか気になる。聞いてあまり良い情報を得ることはできないが、なぜだか聞きたくなる。過去の恋愛を聞いて、今後の参考にしようと思う」(24歳/警備・メンテナンス/クリエイティブ職)

過去の恋愛に対して、純粋に興味があるからと答えた女性は意外と多いようです。聞いたからといっても、彼に対しての見方が特に変わらないという方も少なくないようです。

■その人の恋愛観が垣間見れるから

・「その人がどんな恋愛観を持っているのかわかりそうだから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)
・「どんな恋愛をしてきたのか気になるし、それで傾向がつかめると思うから」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

過去の恋愛話を聞くと、どんな恋愛をしてきたのかだけでなく、その人の恋愛観なども見えてくると考えている女性もいるようです。確かに別れ方や付き合い方のパターンなども見えてきそうですね。

■好みの女性のタイプがわかるから

・「どんな人が好きなのかとか知りたいことがあるから」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
・「どんな人と付き合っていたのかは気になる」(28歳/電力・ガス・石油/営業職)

これまでに付き合ってきた女性のタイプなども、過去の恋愛話を聞くとヒントがたくさん見えてきそうですよね。意外と同じようなタイプの女性と付き合ってきたという男性もいるため、アプローチの上での参考にもなりそうです。

<聞かないと答えた女性の意見>

■嫉妬心がうまれるからあえて聞かない

・「聞いてしまうと変な嫉妬心が出てしまうので」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「聞いても仕方がないと思うので聞かない。嫉妬するだけだから」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

過去の恋愛話を聞くとどうしても嫉妬心がうまれてモヤモヤしてしまうため、聞かないようにしているという女性はかなり多くいるようです。過去に対して嫉妬するのは不毛だし無意味でつらいだけと考えている女性もたくさんいるのかも。

■自分と比較してしまいそう

・「聞いても自分と比べて自己嫌悪になるだけだから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「聞いても、比べてしまって落ち込みそう」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

どのような女性と付き合ってきたのかを聞いてしまうと、その女性と自分を比較してしまいそうで嫌だと思っている女性も少なくありません。変に落ち込んでしまいそうなので、聞かないほうがいいという考えですね。

■特に聞く理由がないので聞かない

・「彼から自然と言えば聞くが、今を大事にしてくれているので聞かない」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)
・「相手が話してくれば聞きますが、あえてこちらから聞く必要性を感じません」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

相手から話を持ち出してくる場合は素直に聞くけれど、自分からはあえて聞く理由もないので聞かないという女性も多いです。過去については特に重要視していないということでしょう。

まとめ

過去の恋愛話には、男性のこれまでの恋愛観や付き合う女性の傾向などがわかるヒントがたくさん詰まっています。しかし、興味本位で聞いてしまい、嫉妬をしてしまったり、比較をして落ち込んでしまうくらいなら聞かないほうがマシだと考える女性がたくさんいます。またこういう話は、きっかけがないとなかなか話題にしづらいといった側面もありそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数129件(22~34歳の働く女性)

※この記事は2016年11月14日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE