お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ウザッーーー! 女性と付き合って一番面倒くさいなと思うこと・6選

ファナティック

彼女のことは嫌いというわけではないけれど、時々面倒くさいなと感じることがあるという男性は決して少なくありません。では、女性と付き合う中で、どのようなときに「面倒くさいな」と感じてしまうのでしょうか? 今回は社会人男性に聞いてみました。

プライベートな時間が減ってしまうとき

・「ひとりの時間が減ること。束縛しない相手でも、ある程度はプライベートを明かさないといけないこと」(39歳/その他/クリエイティブ職)

・「自分の時間が減り、行動予定を都度共有しないといけないところ」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

恋人ができると、休日はデートに行く機会も多くなったり、飲み会も伝えていかなくてはならない場合もあるなど、プライベートな時間がなかなか持てなくなつ場合も……。

記念日を覚えておくのが面倒

・「定期的にデートをしたり、記念日を覚えておかなければならないこと」(24歳/情報・IT/技術職)

・「記念日を忘れるとすぐに機嫌が悪くなる」(30歳/機械・精密機器/技術職)

記念日のサプライズが好きだという男性もいますが、多くの男性は細かい記念日をお覚えておくのが面倒だと考えているようです。

マメに連絡を取らないといけなくなるのが面倒

・「こまめに連絡を取り合うこと行動を制限されること」(39歳/情報・IT/技術職)

・「やたら連絡をとりたがるのは理解できないし面倒くさい」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

連絡をないと相手から何か言われてしまうのではないか、といった気持ちの上での制限も、面倒臭いと感じてしまう要因のようです。

ささいなことでも嫉妬されるのが面倒

・「ちょっとしたことで嫉妬される。なんでもないのに」(33歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「嫉妬。それも、たまにはやきもち焼いときましょ的な、打算が見える場合」(38歳/その他/クリエイティブ職)

相手にもよるかと思いますが、浮気でもなんでもない場面で嫉妬されたりすると、少々面倒に感じてしまう気持ちもあるでしょう。

あまりにも束縛が激しいとき

・「付き合う女性もよるけど束縛してくる人」(37歳/医療・福祉/専門職)

・「束縛したがり、連絡先がしつこいとき」(25歳/建設・土木/技術職)

束縛が激しく行動を監視されているような環境だと、付き合い自体が面倒に感じてしまう場合もありそうですね。

彼女の機嫌を損ねると面倒

・「機嫌を損ねるとなかなか直らないから、引きずるのがめんどくさいです……」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ご機嫌をとっていろいろ会話を考えないといけない」(35歳/金融・証券/専門職)
どんなところに地雷が隠れているのかはわかりませんが、一度機嫌を損ねてしまうと後が大変です。こういった状況を面倒に感じる男性は多いようですね。

まとめ

女性と付き合って面倒だと感じる瞬間は、女性目線で見るとよくありがちな場面のようにも感じられることが多々あります。特に男性は「交友関係に口出しされる。干渉してほしくない」(30歳/建設・土木/技術職)などと、行動を制限されたり干渉されることに、息苦しさを覚える男性もいるよう。恋人同士であっても、ある程度の距離感は大切だということかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月19日~10月20日
調査人数:406人(22歳~39歳の男性)

※この記事は2016年11月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE