お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

げ、おまえもか!! 「不倫のきっかけあるある」5つ

ファナティック

周囲の忠告やアドバイスも耳に入らないほど、どっぷりと不倫にハマってしまうという人もまれにいます。このように不倫にハマってしまうにいたるまでに、どのようなきっかけがあるのでしょうか? 思い当たることについて、女性にアンケート調査をしてみました。

寂しさ

・「寂しいときに優しくされ、いけないことだと分かっていても一緒にいてくれる優しさに心が動かされてしまう。ちょっとした気持ちのあやまり」(26歳/学校・教育関連/専門職)

・「不倫をしてると告白してくる友人は、恋人と上手くいっていないことが多い。寂しいんだと思う」(27歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

寂しいとき、その気持ちを埋めてくれる人に出会ったら、ついハマってしまうという女性も多いようです。既婚者で相手がかまってくれないケースや、独身で寂しさのあまりなど、寂しさにはいろいろな形がありそうです。

スリル

・「スリルを味わいたい短絡的な考えがあるから」(22歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「普通の恋愛とは違う環境にあることに、スリルを感じたりするのだと思う」(29歳/その他/その他)

いけないことをしているという気持ちや、人に言えないスリル感などを味わいたいという人や、そういったスリルが快感に感じる人もいるとする人もいます。いけないと思いつつもハマってしまう人は少なくないのかもしれません。

夫婦関係がうまくいっていない

・「夫婦生活の不満が溜まり、相談するところがなかったり、相手に分かってもらえないときに、話の合う優しい人が現れたとき」(29歳/その他/その他)

・「夫婦の仲がなかなかよくならず精神的につらくなったとき」(30歳/その他/その他)

夫婦関係がうまくいかなかったり、自身を見てもらえないなどの状況が続いたとき、ふと優しく声を掛けられたらそちらへ行ってしまうという場合もありそうです。特に自分を受け入れられたと感じたときは、その心地よさからついハマってしまうのではないでしょうか?

既婚者だと知らずに

・「恋に落ちた相手が、たまたま既婚者だったとかだと思います」(37歳/その他/その他)

・「最初はきっと不倫だと知らない場合が多いと思う」(39歳/学校・教育関連/その他)

既婚者だと知らずに恋に落ちて、そのままそういった関係を続けてしまうというパターンも確かにありそうです。既婚者だと分かった時点で関係を終了出来ればよいのですが、そうはいかないほど好きになってしまっていたらむずかしいのかもしれませんね。

旦那とは別の魅力

・「寂しいのと旦那さんには無い魅力を感じるとき」(31歳/その他/営業職)

・「旦那や妻と全くタイプの違う魅力的な人が現れたら、比較できないと思う」(22歳/小売店/販売職・サービス系)

既婚者の場合、配偶者にはない魅力を持つ異性にふと惹かれてしまう場合もあるでしょう。そこからつい本気になってしまい、不倫へと発展してしまうケースもあるのかも知れません。

まとめ

不倫にいたるきっかけは、案外身近なところにたくさんあるようにも思えます。場合によっては、既婚者であっても魅力的に見えてしまうこともありますよね。しかし、そこから先の関係に進むかどうかは、やはりその人によって大きく選択肢が変わるのではないでしょうか? 安易に流されることのないように気をつけたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月7日~11月8日
調査人数:199人(22歳~39歳の女性)

※この記事は2016年11月10日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE