お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

……こんのやろぉぉ!!! 1番許せなかった彼氏の隠しごと6つ

ファナティック

何でも話し合える関係だと思っていた彼に隠しごとをされていたとわかったらショックですよね。言えなかった理由や隠しごとの内容によっては、それが別れを決意させるきっかけにもなりそう。今回は、今までに恋人にされた隠しごとで一番許せなかったことについて女性たちに聞いてみました。

隠れてキャバクラ

・「残業だと言って、キャバクラに通っていたこと」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「隠れて会社でキャバクラに行っていたこと」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

男性同士の付き合いなどで仕方ないと思う気持ちもあるものの、やはり許せないキャバクラ通い。しかも、仕事だとウソをついて行っていたことがわかると二重の裏切りをされたような気にもなりますよね。

ウソをついてデートをキャンセル

・「仕事が忙しいから今夜はデートできないと言われたが、実はひとりで遊びに行っていた」(31歳/その他/その他)

・「風邪だと言ってデートをキャンセルして実はゲームしていた」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

忙しい彼ならデートのドタキャンも許すしかないと思えますが、実はデートをキャンセルした理由が自分勝手なものだとわかったら腹が立ちますよね。気分が乗らないからと正直に言ってくれなかったことにも傷つけられそうです。

借金

・「聞かれなかったからといって、借金があるのを隠していたこと」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「実は借金があった。結婚を考えていたので早く教えて欲しかった」(29歳/ソフトウェア/技術職)

お金に対する価値観というのはすれ違っているとあとあと大きな問題にもなるもの。彼の借金について知ってしまうと結婚することに対しても不安を感じそう。借金の理由にもよりますが、できれば最初から正直に話してほしいですよね。

元カノと連絡を取っていた

・「隠れて元カノと連絡を取っていた」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「連絡を取っているのが友だちではなく元カノだった」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

元カノと友だちとして付き合っているという男性もいるでしょうが、それを隠されていたらやましいことがあるのかと疑ってしまいそう。本当に友だちと思っているのなら、わざわざ隠す必要はないはずですよね。

合コンに行った

・「飲み会だと言って、合コンに行っていたこと」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「黙って、友人に誘われて合コンへ行った」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

彼女がいるのに合コンに行く神経も疑いますが、会社や友だちとの飲み会とウソをついてまで合コンに行くのはもっと許せない。合コンで出会った女性と浮気しようとしていたのかと疑われても言い訳はできないですよね。

女友だちと出かけていた

・「仕事が忙しくて会えない、って言っていたのに彼の女友だちとはお出かけしていた」(32歳/自動車関連/技術職)

・「友だちと会うと言っていたのに、知らない女性と二人で会ってデートしていたことがあったから」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

自分とのデートは忙しいと断ったくせに、他の女友だちと出かけていたというのもショックですね。浮気をしたわけでなかったとしても、誠意の感じられない行動を取られると彼への信頼も失くしてしまいそうです。

まとめ

彼女に申し訳ないという気持ちがあるからこそ、隠し通そうとするのでしょうが、意外とあっさりと彼女にバレてしまうという男性は多そう。他の女性と遊びに行ったり、ウソをついて合コンに行ったりというだけでもショックなのに、すぐにバレるようなやり方で隠しごとをする浅はかさもショック。自分への気持ちがなくなってしまったのかと思わされてしまいますよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月14日~11月1日
調査人数:128人(22歳~34歳の女性)

※この記事は2016年11月10日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE