お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

あなたゴメンナサイっ……! 妻が暴露する「夫よりも愛した男」6つ

ファナティック

いつまでたっても忘れられない恋愛というのは、誰でも心に抱いているものかもしれませんね。あきらめきれずに、今もずっと気持ちを引きずったまま、結婚してしまった人もいるのではないでしょうか。ぶっちゃけ、過去にパートナーよりも愛した人がいる既婚女性はどれくらいいる? そこで今回は、既婚女性のみなさんに「夫より愛した男」の存在について、こっそり告白してもらいました。

(1)既婚の男

・「顔が好みの男性で、既婚者だった人」(31歳/その他/事務系専門職)

・「会社の先輩でした。顔はイケメンでクールな人でした。しかしその人は家庭がある人でした」(30歳/自動車関連/事務系専門職)

相手が既婚者なので、恋愛には発展しなかった人の意見が多数。好きな思いを閉じ込めてしまえばしまうほど、ずっと忘れられなくなってしまうもの。この恋をあきらめるために結婚した……なんてことを夫が知ってしまったら、ショックで立ち直れないかもしれません。

(2)チャラ男

・「チャラくて金遣いが荒いけど、やさしい人だった」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「外見がいいが学歴もなくチャラく嘘つき」(31歳/その他/その他)

チャラい男性とは、その先の結婚を考えることは難しくなってくるもの。でもそんな彼氏でも、自分にだけ見せるいい部分があったりするものですよね。また、そんな男性ほど刺激的で、付き合う分には最高に楽しいのです。

(3)はじめての男

・「はじめて付き合った人。すべてがはじめてだからとても大切な人」(24歳/医療・福祉/その他)

・「はじめて付き合った人で、当時は結婚まで考えていた。医学部に入っていた人。今は耳鼻科医になっている」(33歳/農林・水産/その他)

はじめて付き合った彼氏は、多くの女性にとって忘れられない存在ではないでしょうか。すべてがはじめての経験だったため、ずっと記憶に残ってしまいますよね。ことあるごとに、「ココはあの彼にはじめて連れてきてもらった場所だな……」なんて、鮮明な記憶を思い出してしまいそうです。

(4)イケメンだった男

・「カッコよくて、変わっていて、でも魅力的な人だった」(33歳/その他/その他)

・「今の旦那よりもやさしくてイケメンだった」(28歳/その他/その他)

イケメンな彼氏と付き合ったことがあると、いつまでもその記憶を消せないこともあるようですね。見た目がタイプというのは、やはり大切なことかもしれません。顔で片づけてしまいたくはないですが、今の夫の顔と比べて……残念な気持ちになっている妻も多そうです。

(5)高身長な男

・「背が高かった人。180センチ近かった」(33歳/その他/その他)

・「背が高く、頭脳明晰な人でスリムな体型でした」(34歳/その他/その他)

身長が高い彼氏と付き合っていると、それだけで周囲に自慢できる気がしますよね。180センチを超える男性は、あまり見かけないもの。こちらも今の夫と悲しくも比べてしまうポイントなのかもしれません。

(6)やさしい男

・「やさしくて、私のことをちゃんと見てくれて好きでいてくれた。昔は追われるより追う恋愛がしたかったけど、今では追われていたい」(31歳/その他/その他)

・「やさしくてすごくいい人だったが結婚願望がなく、今も独身」(27歳/マスコミ・広告/営業職)

自分に対してとてもやさしい彼氏に、大切にしてもらった思い出も簡単に忘れることはできないですよね。そのときは刺激的に感じなかった彼のやさしさも、今となっては恋愛をする上で重要なことだったと気づくはずです。

<まとめ>

周囲から見るとろくでもない男性だとしても、自分にとっては忘れられない相手というケースはよくあること。実際に結婚していないからこそ、キレイな思い出へと変わっているのかもしませんね。一番好きだった相手との恋が叶わないというのは、世の常なのでしょうか……。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月15日~2016年9月18日
調査人数:207人(22~34歳の既婚女性)

※この記事は2016年11月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE