お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

私の3万返せ! ぼったくりだと思った結婚式・6選

ファナティック

友達や会社の同僚から結婚式に招待されると、特別な何かがない限り参加することになりますよね。とはいえ、参加した結婚式が今ひとつだと、不満に感じてしまうことも……。思わずぼったくりだと思った結婚式はどんなものがあるか、女性に本音を語ってもらいました。

<ぼったくりだと思った結婚式>

■料理の質が低い

・「料理がしょぼかったとき。ご祝儀がもったいないと思った」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「料理の品数が少なく、しかも全然おいしくなかったとき。料理をケチったのかなと思ってしまうから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

結婚式のゲストの満足度が大きく変わってくるのが、料理ではないでしょうか。披露宴で全員が楽しめるのは、料理くらいしかないですよね。

■引き出物がしょぼい

・「引き出物が書道セットだった。小学生じゃないって言いたかった」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「料理もそこまで高そうでもなく、引き出物も安めのカタログギフトだったとき」(27歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

引き出物は、地域や家庭によって大きくちがってきますよね。自分のところと習慣がちがうと、どうしても違和感を抱いてしまうのかもしれません。

■料理が少ない

・「3万祝儀出したのに、おなかいっぱいにならない」(27歳/運輸・倉庫/技術職)

・「料理が少なくて式場も小さい結婚式」(29歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

結婚式の料理は、祝儀に合わせたものが出てくるわけではありません。人によって祝儀の金額もちがいますし、食べる量もちがいますよね。

■車代が出ない

・「お車代も出ない上に、料理も式場もしょぼかった」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

お車代には一般的な相場があります。それより少ないと、どうしても気分が悪くなってしまいそうですね。

■立食だった

・「引き出物はないし、ごはんもビュッフェ形式でほとんど食べられなかった」(33歳/その他/事務系専門職)

・「立食であまり料理がないのに、参加費3万円」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

友人ばかりの結婚式の場合、立食ということもあるかもしれません。ですが、祝儀でなく参加費の場合、それ相応の料理であることも必要ですよね。

■お色直しぱかりにお金をかけていた

・「新郎新婦の衣装にばかりお金がかかっていて、料理がしょぼかった」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「料理のグレードが低かった。そのくせお色直しは2回もしていた」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

結婚式の費用はその内訳によっても変わってきます。衣装代がかかるようであれば、料理は予算的に厳しいのかもしれません。

<まとめ>

結婚式が無事に終わり、本人たちは満足できても、ゲストは不満タラタラということもあるのではないでしょうか。多少は仕方がないのかもしれませんが、せっかく招待されるのだから、ゲストが楽しめる結婚式にしてくれるとうれしいですよね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月20日~2016年10月27日
調査人数:107人(22~34歳の働く女性)

※この記事は2016年11月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE