お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「長続きするカップル」の秘訣・6つ

ファナティック

「次こそは結婚に至る恋がしたい……!」と願いながらも、なぜか短いサイクルで恋人が変わってしまう方はいませんか? 確かにそれも、一つの恋愛の形。しかし、将来につながるかと問われると……正直難しいかもしれませんね。こんなときには、交際が長続きするカップルの特徴を、積極的に見習ってみるべきかも? 独身男性が思う「長続きカップルの特徴」を聞いてみました。

 

距離感

・「そこまで濃厚に付き合わずに、たんぱくに付き合う」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「意外とベタベタしない。適度な距離感を保っている」(32歳/その他/技術職)

・「そんなにベタベタしない。変なルールを作ったりしない。束縛がない方がいいと思うから」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)

あまりにもベタベタしすぎるカップルは、すぐに飽きるのでは?と考える男性が多いようです。ベタベタする時間が限られていれば、「次の機会」を楽しみにする気持ちも持続するはず。お互いの時間も楽しめますから、大人のお付き合いにはピッタリですね。

素直な気持ちを

・「お互いが尊重。直して欲しいところは口に出して言う」(33歳/その他/販売職・サービス系)

・「なるべく本音を隠さない。我慢しない」(26歳/ソフトウェア/技術職)

恋人として深く付き合うようになれば、気になる点が出てくるのも当たり前のこと。ただ「察してほしい」と思うのではなく、きちんと言葉で伝えることで、ともに成長していけるのでしょう。ただし相手への気遣いだけはお忘れなく。

ナチュラル

・「一緒にいるときが自然体であり、なおかつ思いやりがあるカップル」(30歳/自動車関連/その他)

2人の気持ちのバランスがとれていないカップルは、周囲から見てもなんだか落ち着かないものです。恋を長続きさせたいのであれば、自分ばかりが我慢をするのも禁物ですよ。

ケンカできること

・「相手の意見を尊重する。ケンカをしたときはどちらからでも謝れる。次の日に持ち越さない」(33歳/電機/技術職)

・「程よい程度でのケンカをすれば長続きすると思う」(30歳/その他/その他)

ケンカをすると、別れに近づくのでは……?なんて思う女性もいるかと思いますが、男性的には実は逆。対等な目線できちんとケンカができること。そしてわだかまりなく仲直りができること。こんな実績を積んで、2人の絆が育っていきそうです。

恋人というよりも……?

・「なにも隠し事なく、友達みたいなカップル」(30歳/情報・IT/その他)

・「カップルだと思わない。良きパートナーだと思うこと」(25歳/建設・土木/販売職・サービス系)

少々ロマンチックさには欠けるかもしれませんが、居心地は良さそう! いずれ「家族」になることを考えるなら、「ドキドキ」よりも重視するべきことがあるのかもしれません。

コミュニケーションは大事!

・「愛情表現が豊かで、スキンシップも自発的に行うところ」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「愛情表現をしっかりする。忙しくても、定期的に会う時間を作る」(27歳/学校・教育関連/その他)

まるで友だち同士のようなカップルでも、2人のコミュニケーションがしっかりしていれば、適度な甘さは失われないはずです。会話やスキンシップ、もちろんキスやハグも……恋人との時間をゆったり楽しんでみてください。

まとめ

お付き合いが長いカップルは、「刺激」よりも「安定感」を抱きやすいもの。自分が自然体で過ごせるような相手を探すことで、長く付き合うことができ、将来を考えることにもつながるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数207件(25歳~35歳の働く未婚男性)

※この記事は2016年11月06日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE