お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

この女、デリカシーなさすぎ!! 合コンで女性に聞かれたくない質問6つ!

ファナティック

合コンのときはみんなが初対面。お互いにいろいろな質問をし合って、自分に合う相手かどうか、どんな人なのかを探りあっている状態ですよね。でも、質問の内容によっては「答えづらいな」と男性を戸惑わせてしまうこともあるようです。今回は、合コンで女性に聞かれたくない質問について男性たちに聞いてみました。

お金に関する質問

・「合コンのような初対面でいきなり年収などは聞かれたくない。そこで終わる可能性があるから」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「お金に関する質問が一番に来たらウソを言う」(28歳/建設・土木/営業職)

年収や貯金額などお金に関する話題をいきなり振ってくる人は、なんとなく信用できないと思う男性も多そう。結局は、お金が目当てなのかと思われるとせっかくの出会いのチャンスもそこで終了ということになるでしょうね。

過去の恋愛経験

・「今までに付き合った人数は聞かれたくない」(28歳/情報・IT/技術職)
・「これまでの女性経験。普通の男性より少ないと思うから」(29歳/運輸・倉庫/専門職)

過去は過去と割り切っているのか、他の人と比べて少ないのが恥ずかしいのか過去の恋愛経験について聞かれたくないという男性も。多すぎても少なすぎても言いづらい過去の恋愛談。気になっても男性から言うまでは聞かない方が良いかもしれませんね。

趣味

・「趣味。競馬なのでドン引きされそうだから」(29歳/電機/技術職)
・「趣味は? 特にないので答えに困るから」(38歳/情報・IT/営業職)

特に趣味がなかったり、趣味が女性ウケしないようなものだと質問されても答えに困るという男性も。サラッとウソをつけるタイプの男性なら適当に返すのでしょうが、意外と真面目な男性も多いようですね。

好きな女性のタイプ

・「好きな女性のタイプ。ダイレクトに尋ねるのではなく、会話の中から気づく感性に魅力を感じるから」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)
・「好きな女性のタイプを聞かれたとき。性格などありきたりな答えしかできないから」(30歳/その他/事務系専門職)

合コンではよく話のネタになる好みのタイプ。でも、男性からすると直球で聞かれるよりは会話の中から探るという、ちょっとした駆け引きができる女性に魅力を感じるようですね。

プライベートに踏み込む質問

・「家族のこと。プライベートのことは親しくなってから話したいから」(33歳/情報・IT/技術職)
・「個人的なことをズバズバ聞かれたくない」(34歳/その他/その他)

初対面の人に自分のプライベートに踏み込まれるのはあまり良い気分がしないという男性も。合コンで話のきっかけをつかむときには、やはり当たり障りのないことからスタートするのが王道でしょうね。

何を聞かれても問題なし

・「別に何を聞かれても構わない。その人の思考パターンが見えてくるので」(36歳/情報・IT/クリエイティブ職)
・「何でも聞かれたい。何でも答える」(38歳/その他/販売職・サービス系)

どんなことを聞かれても問題ないので、何でも聞いてほしいという男性も。質問されることでその女性が男性を見るときにどこを重要視するのか、逆に男性の方からの判断材料にされているみたいですね。

まとめ

男性が聞かれたくないことはいろいろあるようで、何から話し始めて良いのか困ってしまうという女性も多そう。初対面だけに相手の性格や考えていることも読みづらく、どこがツボなのか地雷なのかも判断できませんよね。ただ、一般的なことを聞いたのに答えに窮するような男性は、踏み込んだ話をしても盛り上がりに欠けるかも。こういうところで、男性の社交性を知ることはできるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数305件(22~38歳の働く男性)

※この記事は2016年11月05日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE