お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「勝ち組女性」が絶対にしなかったこと6つ

ファナティック

世の女性たちの多くが憧れる「勝ち組」。人生における「勝ち」を手にした女性たちは、輝き、自信に満ちあふれています。ところで、彼女たちは、どういう生き方をしてきた結果、「勝ち組」にのし上がることができたのでしょうか? そこで今回は、「勝ち組女性が絶対にしなかったこと」を、働く女性のみなさんに考えてもらいました。

(1)自分を卑下しない

・「自分を卑下すること。自信がなくなりそうなので」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「自分を卑下して弱音を吐くことですね」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

謙遜する程度ならばいいでしょうが、不必要なほど自己評価を下げ、卑下するようなもの言いは、勝ち組女性たちはしなかったはず。いつでも、自分を正当に評価してきたからこそ、たしかな自信を持つことができたのかもしれません。

(2)嫉妬しない

・「ひがむこと。勝ち組はひがんだりしなさそう」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

・「ひがんで女友だちの悪口を言い合うこと」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

「嫉妬をする」ということは、自分と他人を比較している、ということ。「他人がどうであれ、私は私」というスタンスを保てたからこそ、ステップアップできたのかもしれませんね。嫉妬を乗り越える強さがなければ、多くのものを手にすることはできないはずです。

(3)見下さない

・「相手をバカにして、見下げることはしない」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「男の人を見下さないと思う」(29歳/医療・福祉/専門職)

人を見下し、おとしめるようなことを言う人は、周囲からも同じように見下されてしまいます。嫉妬しないことと同じように「他人は他人」という考え方をしっかり持っていれば、見下すこともないでしょう。いくら他人のことを見下したところで、自分の立ち居地は変わらないままです。

(4)妥協しない

・「男の妥協。これを妥協したら勝ち組になれないから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「妥協すること。自分の中の条件を下げなかった」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

恋愛にしても、仕事にしても、夢にしても、自分ではっきりと目標を持っているのなら妥協しない、その姿勢はとても大事ですよね。妥協を続けていたら、自分が納得できる「勝ち組」には至らないでしょう。

(5)努力をやめない

・「努力を怠ること。自分に甘いことはしなさそう」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「やりたいことを途中であきらめたり挫折したりすること」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

努力をし続けることもひとつの才能です。「つらいから」という理由で投げ出してしまわずに、耐え抜き、がんばり続けたからこそ、「勝ち組」女性たちはそのステータスまでたどり着いたのでしょう。最後は粘り強さが物を言うのです。

(6)だらしない生活を送らない

・「自堕落な生活はしていなさそう」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「不摂生な生活はしなさそうなイメージ」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

勝ち組の女性の多くは、きっと、自分をしっかり律することができる人。努力をし続けたり、妥協への誘惑に打ち勝ったりするには、強い自制心が必要不可欠です。だからこそ、だらしない、自分を甘やかすような生活は送っていないのでしょうね。

まとめ

「私、負け組になってるかも……」と思うのであれば、今からでも遅くはありません。勝ち組の女性たちの行動を見習うことで、満足感のある人生を送ることができるはず。たった一度の人生だからこそ、充実した生き方をしていきましょうね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月28日~2016年10月4日
調査人数:126人(22~34歳の女性)

※この記事は2016年11月05日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE