お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

お前、顔赤いぞ? 好感が持てる女性の「恥じらい」6つ

ファナティック

最近では、何かと女性が強くなってきたと、男性からの嘆きを聞くことがありませんか? できれば女性には、いつまでも恥じらいを持ってほしいと願う男性も多そうです。そこで今回は、好感が持てる女性の「恥じらい」について、男性たちに教えてもらいました。

<好感が持てる女性の「恥じらい」>

■ほめたとき

・「ほめたときの照れたはにかみ顔。親近感が沸くかな」(38歳/その他/その他)

・「ほめたときにちょっと照れているときがかわいい」(26歳/情報・IT/営業職)

ほめても、あたりまえというような顔をされると、ちょっとイラっとする男性は多いのかもしれません。やはり、少し照れたり恥ずかしそうにするのが、かわいく見えるようですね。

■照れたとき

・「少し照れたような表情をした姿、かわいい」(34歳/その他/クリエイティブ職)

・「照れて顔が赤いとき」(31歳/その他/販売職・サービス系)

照れて少し頬が赤らむ姿は、誰が見てもかわいいと思えるのではないでしょうか。その照れくさい感じにキュンとする男性は多そうですね。

■目が合ったとき

・「目が合ったときに頬を染めてうつむいたりしたらもう」(32歳/運輸・倉庫/営業職)

・「目が合ったときの表情」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

目が合った時にそのまま見つめられるのもいいですよね。ですが、恥ずかしくて少しうつむいたり、照れたりする姿もかわいく見えますよね。

■口元を隠して笑うとき

・「笑うときに口に手を当てる。しぐさに近いがとても上品な印象がある」(39歳/その他/クリエイティブ職)

・「笑う時に自然に口元を隠しながら笑う女性はステキだなと思う。大口でガハハ笑いの女性はちょっと」(27歳/食品・飲料/営業職)

口元を隠して笑えば、女性らしさを感じさせるのではないでしょうか。大笑いであっても、口元は隠しておいたほうがよさそうですね。

■下ネタを振られたとき

・「下ネタに恥じらいの表情を見せる。ピュアな感じがするので」(34歳/その他/その他)

・「下ネタを振られると、顔がとても赤くなる」(36歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

女性が、下ネタで恥ずかしくする姿は、男性からはかわいく見えるようです。その表情が見たくて下ネタを振っているのかもしれませんね。

■胸元を隠すとき

・「胸元が見えないように手で押さえながら前かがみになる」(37歳/医療・福祉/専門職)

・「胸の谷間が見えてしまいそうな服装をしていて、それをこちらがチラ見しているのを気づいて隠すようなしぐさ」(39歳/情報・IT/技術職)

胸元を隠すしぐさは、女性らしい恥じらいを感じさせる行為なのかも。男性にも評価は高そうですね。

<まとめ>

男性は、恥じらいを持った女性に対して好感を持つ傾向があるようです。恥じらいの気持ちを常に持つように心がけておくと、意中の男性からの好感度がアップにつながるかも。さっそく、アンケート結果を参考に、実践してみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月20日~2016年10月21日
調査人数:393人(22~39歳の社会人男性)

※この記事は2016年11月05日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE