お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

こいつ、マジねーわ! 「お金にがめつい女」の特徴6つ

ファナティック

社会情勢が不安定な現代社会では、お金をいかに大切にするかが大切になりますよね。しかし、節約が大切とはいえ、あまりにもケチすぎる人を見ると、付き合うのが疲れることもあります。そこで社会人男性に、お金にがめつい女性の特徴を暴露してもらいました。

<お金にがめつい女性の特徴>

■おごってもらうのがあたりまえ

・「おごってもらうことを当然としている」(29歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「おごりがあたりまえと思っている、お金を出してありがとうと言わない」(39歳/情報・IT/クリエイティブ職)

男性におごってもらうのはうれしいものですよね。しかし、男性としてはおごるつもりでいても、それがあたりまえと思われてしまうと、あまりいい気はしないようです。

■ブランド好き

・「ブランド物、アクセサリーをたくさん持っている女性。お金をよく使うぶん、お金にもがめつそう」(27歳/食品・飲料/営業職)

・「ブランド物で固めているというイメージがある」(39歳/その他/その他)

高価なブランド物ばかりを身に着けていると、周囲からはがめつそうに見えるようです。全体ではなく、部分的にしておくほうがよさそうですね。

■割り勘が細かい

・「割り勘をめっちゃ細かくする。端数くらいはどっちかが出してもいいのに、端数まで割るような人」(22歳/食品・飲料/営業職)

・「割り勘をきっちりと端数単位まで求める」(38歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

割り勘を端数までしっかりと計算する人もいるようですね。細かく割るのであれば、別々で会計するほうがいいかもしれません。

■節約志向

・「節約することを常に心がけている」(27歳/その他/その他)

・「節約志向でケチ」(39歳/食品・飲料/事務系専門職)

将来を考えて節約することはいいことですよね。ですが、使うべきところでは、ちゃんと使わなければ、ただのケチになってしまいそうです。

■会計のときにいなくなる

・「外食の支払いのときにすっと引いていくとき」(36歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「会計のときに消える女。男におごられるのがあたりまえと思っている」(38歳/情報・IT/販売職・サービス系)

会計のときにいつもいなくなると、会計を避けているのがバレバレ。男性はおごるつもりでいても、これをされるといい気分にはならないようです。

■デート代は男性持ち

・「デートのとき、一銭も払おうとしない」(27歳/その他/その他)

・「デート代は男に全部払ってほしい。女はお茶代ぐらいでオッケー!」(30歳/その他/技術職)

デート代は男性が出してくれる場合が多いかもしれません。だからと言って当然のような気持ちにならずに、きちんとお礼を言うことが大切です。

<まとめ>

お金にがめつい人は、損得で物ごとを考えてしまい、損をしたくない気持ちが強いのかもしれません。でも、お金のことで誰かを嫌な気分にさせたり、がっかりさせたりするのは、よくないもの。スマートなお金の使い方を身につけることも、大人のマナーと言えるかもしれませんね。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月20日~2016年10月21日
調査人数:393人(22~39歳の社会人男性)

※この記事は2016年11月05日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE