お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

お前が結婚とかムリっしょ! 結婚不適合者な女性の特徴5つ

ファナティック

独身生活が長くなると「自分は結婚に向いていないんじゃ……」とうすうす感じ出すもの。そこで本当に結婚に向いていない女性とはどういう女性なのか、社会人男性に「結婚不適合者だと思う女性」の特徴を聞いてみました。これに当てはまらなければ、まだ望みはある!

仕事も家事も、何にもしない人

・「働かない上に家事を何もしない人。旦那が耐えられないと思う」(32歳/食品・飲料/その他)

・「共働きを全面的に否定してくる女性。相手の育った環境も有ると思うが、今の時代に共働きを完全否定しないでほしい。子どもが生まれても大学に行かせるほどの稼ぎは一人では厳しい!」(28歳/自動車関連/技術職)

家計維持が難しいなら仕事が必要だし、旦那が家事のできないタイプなら家事が必要。相手に合わせて柔軟に動けるタイプじゃないと、今時の結婚は難しい?

物欲が強くて、お金を際限なく使う人

・「物欲が強くて、ほしい物を手に入れられないと、気がすまない人」(32歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「ブランド物が好きで自分の給与以上にお金を際限なく使ってしまう人。そんな人とは老後の軍資金もたまらないので、すぐ別れる」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

また結婚したらお金の使い道は主に「家族のこと」が優先に。独身時代と変わらずに散財を続ける人は、やっぱり心配ですよね。特にブランド好きな女性は心配要素が多いよう。

趣味にハマり、家庭を二の次にしそうな人

・「何かにハマりすぎてて、そのためなら家庭も二の次にしそうな人。そもそも会話がかみ合いそうにないけど」(34歳/建設・土木/技術職)

・「趣味に没頭したり、自己研さんにいそしむ人は相手への配慮が足らず、うまくいかないと思われる」(32歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

ある程度の趣味は生きるためにも必要ですが、そのために家庭を犠牲にする人は問題外? 趣味は時間とお金が大量にかかるものもあり、結婚後、どんな趣味を選ぶかは大事ですよね。

男性に対してだらしない女性

・「男性に対してだらしがない。付き合っている人がいてもすぐに目移りするやつ!」(33歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「顔の良い男にすぐに寝取られる優柔不断な女性」(33歳/その他/その他)

イケメンに弱かったり、言い寄られると断れなかったり、男性に対する態度がゆるい女性も結婚相手にするのは難しいとか。すぐ浮気されそうで、心配が尽きないタイプかもしれませんね。

仕事にしか興味がないタイプ

・「自分の時間が大事だと思っている人。結婚したらそうはいかないので」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分の仕事とキャリアにしか興味がない、自分の時間を大切にしている。理由はそんな性格ならば子育てとも折り合いが付けられないから」(30歳/医薬品・化粧品/技術職)

昔は仕事一辺倒になりやすいのは主に男性でしたが、今は女性も仕事に傾倒する人が多いですよね。ワークライフバランスが偏っている人は、男女関係なく結婚相手に選ばれにくい?

「結婚には向いてないかも……」ともしも不安になったら、上記の特徴が自分にないかをチェック。もしも当てはまらないなら、結婚をあきらめるのはまだ早いかも? 家庭をおろそかにしそうな人でなければ、意外と「結婚OK」な男性は多いのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数202件。25歳〜34歳の社会人男性)

※この記事は2016年11月05日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE